読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

探鳥マトメ、相模川・善福寺公園・井の頭公園・石神井公園の野鳥。

3月19日、高尾山で夜登山を試みる。

詳細は割愛するが、アレヤコレヤの面白ハイキング。

 

 

ムササビの甘えた鳴き声を聞き、満足満足。


こんな楽しみもあるんじゃね。

 

 

翌3月20日、相模川に連れて行っていただく。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175405j:plain

 


お出迎えはジョウビタキだった。ゼイタク。

 

 

川ッぺりを飛ぶサギを夢中で撮ってみた。


ピント、あまあま。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175610j:plain

 


程なく、ジョウビタキ(だんな)登場。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175719j:plain

 


ジョウビタキ「見ねぇ、ツラだな。」


オット「あぁ、初めて来たからな。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175912j:plain

 


ツグミ「ホホホ、いらっしゃいましたか。」


オット「ウソだ~、東京でお会いする師匠の親戚でしょ!?」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180103j:plain

 


シメ「よく来ましたな。」


オット「ハッ!?シメさんが喝って言わない…。」

 

 

初めての土地で会う、いつもの野鳥は、どこか違和感がありつつ、


そこにいてくれているって感じが、ド素人にはうれしいワケで。


神奈川にも、ド素人がいそうなのがうれしかった。

 

 

3月23日、井の頭公園。


さわやかな、そして穏やかな朝日につつまれた早朝だった。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180601j:plain

 


ハクセキレイ「フッ、来たか。」


オット「朝日浴びるだけで、フッ、って。いつもいるじゃん。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180803j:plain

 


ヒヨドリ「お早う、フッ。」


オット「え!?ヒヨさんも?」

 

 

朝は、心をきれいにします。

 

 

3月24日、善福寺公園の早朝探鳥。


すぐにジョウビタキも、ボケボケばかり。


観る専門のウォッチャーとしては、しっかり観ましたが。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181145j:plain

 


カルガモ「観るだけなら、どうぞー。」


オット「いつもありがとね。ホッとするよ、キミは。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181640j:plain

 


ツグミ「好きなだけ観ていくがいい…。」


オット「いつもふところ深いですな、師匠。」

 

 

 


3月25日、続けざまに善福寺公園

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181921j:plain

 


カルガモ「どうする?撮る?特に何もできないけど。」


オット「十分だよ、そのリラックスっぷり。」


f:id:doshiroutobirder:20170327182116j:plain

 


オナガガモ「まだ、いるよー!」


オット「うんうん、できればずっ~っといて欲しいよ。」

 

 


3月27日、石神井公園


ヒヨドリがいい!ホント、実にいい!!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182349j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182601j:plain


メジロ「コッチもいろいろやるんだぜ!」


オット「知ってるよ、専用機なんだから。」

 

 

そろそろオサラバしそうな、ツグミシロハラ


信じられないくらいの数が、野球場の外野を守っていた。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182931j:plain

 


f:id:doshiroutobirder:20170327183012j:plain

 


ツグミ「また冬になれば、来ますから。」

 

 

いつがお別れかを考えつつ、歩いていると、モズ登場。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183220j:plain

 


シジュウカラヒヨドリムクドリあたりを追い続けるド素人にとって、


モズはスーパースター。


飛ばさないように、逃がさないように、ジックリ観ました。

 

 

池に戻ると、水鳥たちが。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183442j:plain

 


キンクロハジロ「キンクロ艦隊、前へぇ~、進めぇ~!!」

 

 

池のほとりで、お食事中。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183630j:plain

 


f:id:doshiroutobirder:20170327183712j:plain

 


ムクドリ「あれ、ウメェかな?????」

 

 

三法寺池に行くと、カイツブリが縦横無尽。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183914j:plain

 


カイツブリ「イヤッハ~ッ!!」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184024j:plain

 


ヒヨドリ「あいつ、ウルセェな。」


オット「たいがい、お前もナ。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184151j:plain

 


ゴイサギ「ウルセェな、魚いなくなっちゃったジャンか…。」

 

 

所定のスポットに行くと、ヒスイがいる。


このヒスイ撮りたがいがために、オットの近く1mにいたシジュウカラを、


木道ズッコズッコ足音鳴らして飛び立たせた、団塊のオッサンとともに。

 

オットが子供のころに読んだ本には、

“誰かが立ち止まったら止まってください。何かを探しています”

と書いてあった。オットはそのルールを守ってきた。

 

あ、そうか!

愛鳥家じゃなくて写真家で、団塊の世代だもんな…。

気を使えないのも無理はない。

そんな難しいこと求めちゃイカンわ。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184710j:plain

 

池の中洲に、サギがいた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194033j:plain

 

ダイサギ「お前、整髪料何使ってんの?」

コサギ「あぁ、ワックスっす。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194227j:plain

 

ゴイサギ「zzz…。」

ウ「おいっ、どうした?写されてんぞ、ポーズ決めろヨ!!」

 

しばらく歩くと、石神井公園もう1つの名物。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194455j:plain

 

アオゲラ「あら!?鳴いてないのに、みっかっちゃッた?」

オット「それだけ、フォルムと飛び方が派手だとね…。」

 

帰り道に、またアイツと。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194735j:plain

 

シロハラ「よぉ。」

オット「オメェさんもうすぐいなくなんのか?実感わかねぇな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194917j:plain

 

シジュウカラ「俺はまだいるよッ!」

オット「1年中な。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327195040j:plain

 

エナガ「また来年会えるよ!」

オット「そうだな、きっとそうだな。」

 

さてはて、ラストショット。

冬の名物、白鳥とウの競演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327195233j:plain