読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

早朝探鳥、善福寺公園の野鳥。

善福寺公園を歩こうと思った。

 

ふと気づいたが、上の池(って名前だと思う)をめぐるとき、

気にせず、南側を歩いていた。

 

あ、北側、行ってみたい。

じゃあ、行こう。

 

北側は、けっこう大きな雑木林を抱えてらっしゃる地主さんがいる。

 

そこから、様々な声が、対岸にも聞こえてくる。

 

で、北側を歩いてみた。

 

残念ながら、護岸工事の真っ最中。

知っていたけど。

 

その先の雑木林も、葉が多かった…。

何かしらいるんだけど、粘る気にもなれず。

 

結果池を1周。

 

めったに行かない“向こう側”で、

 

f:id:doshiroutobirder:20170126210738j:plain

 

ツグミ「何、来たの?」

オット「来たさ、あぁ、来たさ。」

ツグミ「ゆっくりしてけよ。」

 

池は、9割がた凍結。

 

カワセミどころか、カモが心配。

 

カモ郡「大丈夫サ~、何とかしてるから。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170126211030j:plain

 

ご飯、どうしているんだろう…?

 

オオバンが答えてくれた。

 

オオバン「何とでもね、なるもんよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170126211210j:plain

 

木の葉、食べてた…。タフだ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170126211310j:plain

 

セキレイ「生きていかなきゃ、ならんワケよ。」

 

だよね。

お互い、がんばりましょ。

 

さて、仕事、仕事。