読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、北本公園&大宮公園の野鳥。

f:id:doshiroutobirder:20170305213454j:plain

 

キジバト「あ、来た!」

オット「あぁ、来たぜ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305213602j:plain

 

シメ「オメェ、しばらくブログかいてねぇな…。」

オット「それなりに忙しいんだよ!ってか、目ぇ見て言えよ!!」

 

今日はジィちゃんと探鳥、北本公園&大宮公園です。

まずは北本公園から。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305213838j:plain

 

シメ「知~らない、ザップ~ン!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305213953j:plain

 

ジョウビタキ「今日は来園者多いよ~。」

オット「人気があっていいじゃねぇか、北本公園。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305214139j:plain

 

カルガモ「いつもより多く潜らなきゃ~!」

オット「うそだよ、いつも通りジャン。」

 

早速ド素人には難問にぶつかる。

林道を歩いていたら、足元がガサガサ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305214504j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170305214558j:plain

 

カシラダカ「ド素人にはわかるま~い!」

オット「…うん、わかんない…。」

 

ホオジロカシラダカ、ホオアカ、オオジュリン

現れて一瞬で隠れると、正直何だかサッパリです…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305214847j:plain

 

○○サギ「ダイかチュウかも、迷うじゃろ?」

 

池では、ホッコリする写真が撮れました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305215039j:plain

 

コガモ~、コガモ~、コガモ~、やや上からカワセミ

 

f:id:doshiroutobirder:20170305215201j:plain

 

ツグミ「今日も調子がいいですな。」

オット「おぉぉ、これはこれはツグミ師匠!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305215429j:plain

 

北本公園の管理人「調子いいね、ポンポコリ~ン!」

オット「タ、タッタタラリラ…。」

 

お目当てのルリビタキ♂、ベニマシコは…。

ま、あれだけギャラリーが多いとね。

 

足元に、なぐさめにやってきてきたアイツ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305215739j:plain

 

ヤマガラ「おっ、アンタ豆くれるヒト?」

オット「それやってるヒトがいるの明治神宮だけだろ…。」

 

すぐ近くに、相性の悪いシロハラ(好きですけどね)。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220110j:plain

 

こっちの方が、強そうだ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220211j:plain

 

写真家さんたちがスルーするコイツも見逃したくない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220323j:plain

 

アトリ「えっ!?撮ってくれるの?」

オット「ド素人の証拠写真程度で、スマンな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220503j:plain

 

シジュウカラ「ザップ~ン!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220552j:plain

 

シジュウカラ「フィ~!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220652j:plain

 

シジュウカラ「ジャバジャバジャバ~ン!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220746j:plain

 

シジュウカラ「ウッヒョヒョ~イ!!!!気持ちいぃ~!!!!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305220859j:plain

 

ジョウビタキ「アイツ、激しいわね…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305221017j:plain

 

アオサギ「静かにせんかっ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170305221135j:plain

 

モズ「まぁいいじゃん、今日あったけぇんだし。」

 

そんなこんなで離れたくない北本公園を後にし、

大宮公園へと移動。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305221423j:plain

 

いつ観ても、コサギのフッサフサと寝癖はやめられない。

 

ムスメの願いをかなえるべく、下見に行った大宮公園

氷川神社のご利益か、神に仕える巫女現る。

 

f:id:doshiroutobirder:20170305221838j:plain

 

スッゲー枚数撮ったけど、ご夫婦の2ショットでいきましょう。

 

あとは、オットの宝物ってことで。

ハハハ、観る専門だけに、1時間も観ちゃった。

 

オット「ムスメに会わせたいんですが、来週もいらっしゃいますかね?」

ミコアイサ「フフフフフフフフフフフフフ。」

 

頼むよ~、いてくれよ~。

 

 

早朝探鳥、善福寺公園の野鳥。

貴重な体験をしました。

 

善福寺公園の底力。

ハタマタ、中西悟道先生のおチカラなのか!?

 

昨日と同じルートで、同じ時間に回ってみた。

結果、面白かった!

 

昨日、ジョウビタキが出迎えてくれたスタート地点。

今日は、5羽のハシブトガラスが大騒ぎ。

 

カーじゃない、ヴヴヴヴヴヴヴヴ。

こえー、アーとか、カーじゃねぇと、こえー。

 

ムスメ曰く、カラスに頭を3回蹴られると、死んでしまうらしい。

オットは、2回経験がある…。

 

絶対に蹴られたくない戦いが、ソコにはあるのだ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170222203257j:plain

 

ツグミ「今日は、昨日とは違うのですよ。ホホホホホ。」

 

左サイドで、ガサッガサッ!!

 

シロハラか!はたまた、キジバトか!?音がデカい!!!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170222203450j:plain

 

善福寺公園の管理人「あ~、よく寝た。すごしやすい季節になったワ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170222203609j:plain

 

ハクセキレイ「どうです、コレはコレで、オモロイでしょ?」

オット「最高の滑り出しですよ。」

 

昨日、朝日に照らされたハシビロガモを拝んだ場所で、

 

f:id:doshiroutobirder:20170222203813j:plain

 

バン「ババンバ、バンバンバン~、はービバノンノ!」

 

ほぉ~、そうきましたか!

 

そして、本日も、奇跡が訪れる。

奇跡の1枚。

 

f:id:doshiroutobirder:20170222204009j:plain

 

奇跡の2枚目。

 

f:id:doshiroutobirder:20170222204106j:plain

 

ホーホケキョを聞いたら、オシッコ出てしまうんじゃないだろうか?

 

f:id:doshiroutobirder:20170222204247j:plain

 

カルガモ「待て、待てー!」

オオバン「やだ、やだー!」

オット「よせ、よせー!」

 

昨日遠くで囀っていたシジュウカラ

 

f:id:doshiroutobirder:20170222204500j:plain

 

シジュウカラ「オメェ、ウデ悪ぃから、頭、海苔みてぇじゃんか!」

オット「そう言うなよ、こんな写真アップするやついねぇだろ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170222204707j:plain

 

ツグミ「ホホホ、今日は今日で、最高のようですな。」

オット「ハハハ、こんなに違うとはね。」

 

帰り際、ヒヨドリツグミが、餌取り場所合戦、

撮影そっちのけで、見入ってしまいました。

 

身近な野鳥のシンプルな楽しさ、あらためて感じました。

 

明日は、東京地方、雨予報。

降らなかったら、同じコース試してみます。

 

 

早朝探鳥、善福寺公園の野鳥。

ほぼ毎日、探鳥してますが、更新できず…。

ブログって、難しいですね…。

やはり、観る専門のバーダーです。

 

本日の早朝探鳥は、善福寺公園へ。

もうすぐウィンターシーズンが終わっちゃう。

遅刻覚悟で、ジックリ観ようぢゃないか!

 

到着直後に、ジョウビタキ

 

f:id:doshiroutobirder:20170221195850j:plain

 

枝&葉っぱにぼやけたアイドルがたまらない。

 

ジョウビタキ「撮るの?撮ってしまうの?」

オット「一応撮るけど、観ていたいサ。」

 

期待に応えてくれて、着地。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221200105j:plain

 

ジョウビタキ「スンッ!!」

 

つかず離れず、女子のやることにいくつになっても翻弄されます…。

 

そして、鉄柵の上でポージング。フッサフサ。

昨今のアイドルに疎いおじさんは、ガッツリとアイドルを観た気になる。

自分でもチョイと気持ち悪い。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221200915j:plain

 

続けざまに、モズ登場。百枚舌。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201041j:plain

 

モズ「ジッとしてやるから、撮れよ。」

オット「あぁ、ほんじゃありがたくね。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201155j:plain

 

ヒヨドリ「お前、観るばっかりで、なかな撮らねぇな。」

オット「写真家じゃねぇからな。」

 

しばらく歩くと、シロハラとの鬼ごっこが始まる。

いや、ダルマサン転んだ、だな。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201419j:plain

 

シロハラ「だるま、チョコチョコ、さん、ピョンピョン、転んだ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201548j:plain

 

ヒヨドリ「ヘッヘッヘッ、早く鬼代われ~!」

 

水辺に行くと、カモが朝日に照らされていた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201721j:plain

 

水辺~帰路で追いかけ続けたウグイス。

 

ウグイス「ジャジャジャ、カモ~ン!」

 

どうにでもなれと、適当にシャッターをきる。

 

 

 

奇跡の1枚。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221201941j:plain

 

奇跡の2枚目。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221202033j:plain

 

奇跡の3枚目。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221202302j:plain

 

は~あ~あ~、奇跡満喫…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170221202455j:plain

 

モズ「はよぅ、仕事行け!」

オット「忘れてたッ!サンキュー!!!」

 

 

こんだけ奇跡起きたら、至福ですワ。

 

 

ジィちゃんと探鳥、葛西臨海公園・谷津干潟の野鳥。

貴重な平日のお休み。

ジィちゃん連れて、野鳥を探す。

 

「タカ」やりたい、ただ今、ムスメは研究中。

そんなムスメの期待に答えるべく、湾岸へ向かった。

あくまで、下見。あくまでね。

 

まずは、葛西臨海公園へ。

 

渚へ向かう前に、行ったことのない西側方面へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216180710j:plain

 

ムクドリ「へっ、来なすったな!」

オット「へっ、やっとピント合いやがったな!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216180902j:plain

 

ツグミ「いらっしゃったのはうれしいのですが、ワタクシが1番じゃ…。」

オット「こっち向かないからでしょ!大好きですよ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181046j:plain

 

食べ物屋さんとか、船とか、平日だからお休みでしたが、

カモも、ややお休み気味でした。

人が少ないので、安心しきっているのでしょう。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181254j:plain

 

ジョウビタキ「来たのねっ!探すのね、観るのねっ!」

オット「じっくり探させていただきますよ!」

 

特に何の収穫もなく、渚を後にし、池へ向かってみると、

ご夫婦が、同じ場所をグルグル回っていた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181608j:plain

 

ハシビロガモ「好きでやってんだ、そんなに観んな!」

 

林道を歩くと、いつもの緑が近づいてきた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181819j:plain

 

オットの中古デジカメは、メジロを写すためだけの専用機か…。

なぜにメジロはこんなに上手くいくんだ!?

 

さらに歩き続けると、茂みの中でまったく動かないシロハラ

撮ってみる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182025j:plain

 

コヤツ、片足か…。上手いこと長生きしてくれな…。

 

すれ違う女性から、ウミアイサがいたとの情報(一方通行)。

お礼を言って、現場へ急行。

いた野鳥すべて双眼鏡で覗いてみたが、

それらしきモノがコレ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182719j:plain

 

え、えと、ハジロカイツブリいいのではないかと…。

 

すると、目の前でチョロチョロリ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182844j:plain

 

イソシギ「何気に、いるわけさ。」

オット「あらら、どなたかわからずスマンね。シギチ苦手なんだ…。」

 

木道に戻り、グェッグェッと騒ぐオナガを追い続けていると、

池に続く通路に、フラリとあの娘が現れた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216183247j:plain

 

ジョウビタキも好きだが、ルリビタキも好きだな。

うん、ヒタキが好きだ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216183408j:plain

 

アオサギ「ちーせーと、かわいく見えるわなー。」

オット「でーじょーぶだよ、デケーのも好きだよー。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184348j:plain

 

ツグミ「ワ、ワタクシは…。」

オット「だから、好きだって。」

 

シロハラとの出会いが多い割りに相性が悪いオットだが、

ようやくアカハラが目の前に現れてくれた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184616j:plain

 

赤い腹ド~ンも撮れたんだけど、そっぽ向かれた…。

 

帰り道、ステキな競演が。

愛するツグミトラツグミツグミーズだ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184806j:plain

 

と思ったら、日陰と日向で、こうなっちゃった…。

ハハハ、ド素人…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192017j:plain

 

トラツグミ「へっ、アッシのせいですか?」

オット「い~や、コチラのウデですよ。会いにきてくれてありがとう。」

 

 

そして、谷津干潟へ向かう。

約35年ぶりの訪問。面影も何もない。

っていうか、憶えてない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192546j:plain

 

でも、そこには今も変わらず、水鳥の楽園があった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192658j:plain

 

にしても、オオバン多すぎじゃね…。

 

自然観察園の門のところで、カラ群団&メジロコゲラ&アトリに囲まれる。

 

特にコゲラが頭上で、ギーギー撮れとうるさい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192859j:plain

 

カゴの中のアトリ、いやフェンス越しのアトリ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193005j:plain

 

ようやっと接写できたエナガ。接写は嫌いだが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193106j:plain

 

エナガ「10年早いわっ!!」

オット「承知しておりますっ!」

 

そっぽ向かれた…。

 

そして、本日最後の1枚。

やはり、オットの中古デジカメは、緑専用機だった…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193253j:plain

 

あれ!?干潟のシギチは…!?

 ん!?ムスメのためのタカは…!?

 

ハハハハハ…。

 

 

 

 

ムスメと探鳥、水元公園の野鳥。

強風の中、ムスメと水元公園へ。

 

モズが出迎えてくれました。

モズは、割と1日中観られましたね。

 

ブラインドでは、先週と同じ場所にホシゴイが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052144j:plain

 

オット「ホシゴイがいるな。」

ムスメ「あ、ホントだ。写真撮っていい?」

ホシゴイ「お静かに願います…。zzz。」

 

カワセミの里で、フォトコンテストに投票する。

ポストカード、もらえるといいなぁ。

 

その後、ムスメはカイツブリと格闘。

いや、強風と格闘、ようやく1枚撮れる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052534j:plain

 

1日中、ウソとベニマシコに期待をしていましたが、

野鳥も我々も、強風には勝てず。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052710j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170213052745j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170213052822j:plain

 

ムスメ「サギはあまり動かないから、こんな日はサギに限るね!」

オット「どらどら、オットも1枚撮らしておくれ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213053020j:plain

 

サギを追い続けたら、サービスしてくれた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213054953j:plain

 

そして本日の大収穫。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055103j:plain

 

ムスメもオットも、タシギは初対面。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055220j:plain

 

ツグミ「ムスメさん、よかったですな。」

 

帰り道、ムスメ「あ、いいこと思いついた!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055400j:plain

 

アオサギ正面から。

 

ムスメ&オット「ほっ、細っ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055530j:plain

 

アオサギ「スリムと言ってくれたまえ!」

 

 

強風にやられた1日、2人は水元公園リベンジを誓って、

終了となりました。

 

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、浮間公園~見沼田んぼ~彩湖の野鳥。

まずは、浮間公園。

海からは程遠い、東京というよりもむしろ埼玉。

 

毎回、出迎えてくれるのは、コヤツら。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193043j:plain

 

ユリカモメ「よッス!また来たのか!」

オット「お前ら、海に帰る気、ゼロだな…。」

 

天気もよかったし、野鳥たちも心なしかのんびりしている様子。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193315j:plain

 

昨年、ルリビタキに初めて会った公園、

何か期待してしまうんだが…。

 

期待していたポイントへつくと、

エサやりのオジサンが絶好調。

 

周囲には、ユリカモメ・ムクドリ・スズメ・カラスがガッツリ。

 

公園のフェンスには、「ハトにエサをやらないでください。」。

オジサンは、ハトを蹴散らしていた。

 

う~ん、確かにね、ハトじゃないよね…。

 

エサを待つ、おびただしい4種類の野鳥たち。

か、かえろうかな…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193745j:plain

 

ヒヨドリ「ついてないのぅ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193902j:plain

 

スズメ「ついてないね…、ハハッ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193952j:plain

 

シメ「運も実力のウチッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194052j:plain

 

オナガガモ「俺らいるうちに、また来いよ、zzz。」

 

 

気を取り直して、見沼田んぼへ移動。

初めての訪問。

 

道に迷う…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194326j:plain

 

モズ「メインのトコから、ずれてるんだけどなぁ…。」

 

なんか紛れ込んだ歴史風俗館的な場所で、スズメを。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194527j:plain

 

藁葺きの屋根にスズメって、いいですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194624j:plain

 

モズ「次も行くんだろ、ココあきらめな。」

オット「おっしゃる通りです…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195331j:plain

 

コゲラ「そーだ、そーだ!」

オット「こ、後頭部、オレンジだったの…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195457j:plain

 

ジョウビタキ「残念だこと…。」

 

 

さらにさらに気を取り直して、彩湖へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195636j:plain

 

ジョウビタキ「来たわね。」

オット「ハッ!こっちでもジョビ子!!」

 

まぁ、運が悪いことに、コチラでも散々…。

タイミングの問題かなぁ。

ポカポカ陽気のお散歩を堪能しました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195845j:plain

 

彩湖の管理人「眼を背けるな!ウデじゃ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211200141j:plain

 

ツグミ「探鳥の道は、険しいですな。」

オット「精進します。」

 

「ムスメと探鳥」の下見だったんだけど、

手賀沼同様、見沼田んぼも彩湖もサイズがでかい…。

 

明日は、コンパクトな公園にしようと思います。

 

 

早朝探鳥、井の頭公園の野鳥。

2月7日、井の頭公園、弁天橋付近へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052113j:plain

 

シロハラ「あら、また来た。」

オット「キミ、トイレの近くが好きだねぇ。」

 

橋の上で、カモを探す。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052303j:plain

 

この白黒のコントラストは、たまりませんね。

もうすぐ、いなくなってしまうんだよなぁ…。

 

2月8日、井の頭公園。

玉川上水沿いを、初めて歩いてみる。

 

メインは、キジバトだった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052606j:plain

 

鳴き声は、四方八方から聞こえてくるが、

何せ、高い木が多いから、首が疲れた…。

 

特に、カケスに翻弄され、けっこう歩きました。

 

結果、カケスは忍者のごとく逃げまくり、

遠くの木の上のほうで、チラッ見るだけでした。

 

2月9・10日は、雪の影響でお休み。

 

さて、11日はプチ遠征だ。