ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、裏高尾の野鳥/2018-7-11

 

いやはや、本日も暑ぅございましたナ…。

貴重な平日休み、探鳥、熱中症でグダる前に、ブログを、と。

 

昨日までは、午後雨予報でしたので、

慎重に近場を回ります。

 

近場といっても、スーパーカブ50はやぶさ号で2時間チョイと。

裏高尾を歩いてみました。

 

下見で、陣馬高原へ行ってみましたが、

駐車場代800円で、やめました…。

 

途中ではやぶさ号を止めて、休憩をしたところ、

目の前をクロツグミが通過!

 

あわててカメラを出しましたが、間に合わず。

場所としては、すばらしいトコロのようです。

 

さて、裏高尾。

 

f:id:doshiroutobirder:20180711162650j:plain

 

チビヤマガラ「来たなド素人!ホィホィの旦那目当てだな!!」

オット「その通りヨ!さぁ、どこに旦那がいるか、白状しやがれってんだ!!」

 

ホィホィの旦那と姐さん、声がしない…。

 

トップシーズンに、団塊イカー達が大声で追いかけてたもんなぁ…。

あれじゃ、いなくなっても無理はない。

 

鳥獣保護地域の赤い看板の意味は何なんだろうか…。

 

f:id:doshiroutobirder:20180711163054j:plain

 

〇〇ヒタキ(か?)「残念だったね…。」

オット「それもそーだけど、君は誰なのかも気になるなぁ…。」

 

夏の山は、難しい。

 

飛び立った野鳥を目で捉えた時には、葉隠れの術で見失う。

この繰り返しだから、疲れる疲れる。

 

でも、団塊カメラマンが極端に減ってくれるから助かる。

 

観たのか!?→何なのかわからん→悔しい→また行こう!

 

コレがオット式の探鳥の醍醐味なのだ。

 

裏高尾、さらに進むと、ハイカーではない家族連れが!

最後の1人、ガキんちょを記念撮影成功!

 

f:id:doshiroutobirder:20180711163626j:plain

 

ガキんちょヤマドリ「あらッ!?チョッと待ってよマイファミリー!!」

オット「おいおい、お前さん急げよ!ココ車も通るぜ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20180711163842j:plain

 

〇〇ヒタキ「へぇ~、やさしいトコもあんじゃん。」

オット「へへ、まぁね。で、君は?右上にいたヤツ青っぽかったけど…。」

 

もう何が何だか、わからん…。

右上のヤツは、青っぽかったけど、それも目の錯覚かも。

 

葉隠れの術は、探すのも大変だし、ピントもあわないし、

いいことまったく無いんですが、

そのおかげでガキんちょ達が外敵から守られ成長していくかと思うと、

いいことなのだと思われます。

 

団塊カメラマンが見やすい野鳥の方に行っているうちに、

葉隠れした野鳥を探して探して探してやろうと思います!

 

そう、コレは絶好の、「探鳥」チャンスですからね!!

 

早く次の休みが来ないかなぁ…。

 

 

6月の探鳥、まとめさせていただきました…。

ズイブンと書いてないねぇ…。

 

ジワッとやってきた、いわゆるよる年波ってヤツでしょうね。

まー、暑さ負け。

変な言い回しですが、暑さ惨敗って感じ。

 

仕事→帰宅→メシ→シャワー、就寝…。

その繰り返し。

 

暑さがキツイ。熱中症が持病って、変だよな…。

 

疲れた→寝る→寝られない→疲れる。

どうしたらいいので?

 

探鳥は、続けています。

しょーもない団塊への気持ち悪さで、書かなかったワケじゃないです。

 

暑さに負けて、書けなかったのです…。

 

 

なので、まとめてイキます。

 

読み返してみたら、一人旅まで書いたようだ。

ホンジャ、その次から。

 

赤い鳥・火の鳥に心を奪われていたのは、前述の通り。

で、近場で探して行ってみた。

 

やはり、聞いてしまった…。

そしてついに、チラッと、ホントにチラッと観てしまった…。

 

写せてはいません。残念ながら。一瞬だったもので。

 

その場をあきらめて、場所を移し、いつもの仲間に慰められる。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710194344j:plain

 

ヤマガラ「赤は難しいんだよ。オレンジがいいぜ~。」

オット「うんうん、君タチはいつもやさしいね~。」

 

f:id:doshiroutobirder:20180710194509j:plain

 

ホオジロ「シロもいいんだよ~。」

オット「そうそう!もうすぐホッペ赤にも会いに行こうと思ってるよ。」

 

そん次の探鳥。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710194726j:plain

 

ホオジロ「やはり、赤を追うのか!?」

オット「うん、ド素人には難しいかもだけど、やれるだけやってみる!」

 

f:id:doshiroutobirder:20180710194837j:plain

 

オオルリ「ヨシッ、青も応援してやるゾッ!!」

オット「サンキュウ!行ってくるよ!!」

 

が、鳴き声も聞けず、フルスウィングの空振り。

 

道のりは遠いほど、旅は楽しい、…のか。

 

で、急に方向転換。

仲間と約束していた旅行へ出かける。

神奈川の下の方から、フェリーで千葉へ。

 

東京湾上の野鳥だ!

コレはコレで、アリだ!!

 

しかし、生まれながらの雨オトコ、本領発揮。

 

かろうじて撮れたのかコレ。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710195330j:plain

 

海鳥はま~~~~~~~ったくわからんので、

アレヤコレヤ、思いをはせる。

 

たどり着いた答えは、書きません。恥ずかしいからね。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710195537j:plain

 

内房を越えていくアオサギがステキでしたね。

 

 

で、そん次の探鳥。

 

あー、時間が経ちすぎて、あんまり覚えていないや…。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710200242j:plain

 

〇〇ヒタキのどーやら若いの「は~や~く、上手に歌えないかな~!」

オット「ハッハッハッハ~、ホントにド下手だね。オットのカメラと一緒だ!!」

 

でも、かわいかったですね。一生懸命で。

動画も撮れちゃった!

 

またまた、そん次。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710200628j:plain

 

お子ちゃまキビタキ「おいッ、ド素人!誰だかわかるかッ!!」

オット「こぞう、腹がウッスラ黄色いじゃねぇか。」

 

そして久々の出会い。

 

f:id:doshiroutobirder:20180710200939j:plain

 

トラツグミ「あれ!?ド素人?」

オット「おぅよ!昨秋以来だな!ってか、おめぇも若そうだな。」

 

 

 

あららら、読み返しても、雑なブログですな…。

ホント、時間空きすぎたわな。

 

ま、間つなぎブログってことで。

 

さ!気を取り直し、し、し、…直せるか…。

やはり、暑さは苦手だ…。

 

 

富士山のチョイ奥の野鳥/2018-6-5~6、秩父の野鳥/2018-6-10

 

6月5~6日のこと。

 

平日2連休を手に入れました。

チャンス。絶好の。

 

さて、人生初の一人旅となりました。

 

いざ、冨士へ。

と、その奥もチョイと。

 

スーパーカブ50はやぶさ号、酷使がたたったのか…。

昨年何とか登れたスバルライン、入り口までの坂道でイエローシグナル。

 

急遽予定を変更して、富士山のその奥へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20180612211257j:plain

 

ママヒタキ「ただ今子育て中、邪魔せんといてッ!」

オット「了解!無事に育つといいな!」

 

足早に過ぎ去る。

後で確認できたが、そばにオスがいたことから、キビタキらしい。

 

その後、一通り回り終えた帰り道、何となくはやぶさ号を止めた。

 

キュロロロロロロ。

 

オット「あ~ぁ、聞いちゃった。やっぱり、聞いちゃったよ…。」

 

予想通り、心奪われてしまいました。

 

山の斜面をチョロチョロと流れる沢、

薄暗い林の中、天高くそびえる木々、

苔むす石。

 

ソコに突如現れる、真っ赤な火の鳥

 

ハハハ、観てませんよ。

観られませんでした。

 

でも、もートリコ。

 

翌日、3時半に起床して、同じ場所に行くも、

2回鳴き声を聞いただけ。

 

でも、十分でしたね。

 

帰り道は雨。

予定していた北富士演習場をヤメにして、

おとなしく帰宅しました。

 

う~ん、あの声聞いちゃったら、ダメですよね。

頭から離れない…。

 

 

でもって、6月10日、違う場所に探しに行ってみる。

 

相手が相手だけに、情報があいまい。

そりゃそうだ、情報公開なんてしたら、エラいことになる。

 

f:id:doshiroutobirder:20180612212300j:plain

 

キセキレイ「だ~か~ら~、黄色にしておけって。」

オット「いつもだったら、まぁねだけど、今回はほっといておくれ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20180612212434j:plain

 

とはいえ、何でも大好きなオットの前にカワガラスが現れると、

そりゃそれで、夢中になります。

 

オットのカメラでは、この大きさが限界。

警戒心強いですね。

 

とまぁ、ココ最近はこんな具合です。

 

これまで、夏鳥が順調にきましたから、

欲をかいてみたら、楽しー、楽しー。

 

ただね、火の鳥ばかりに偏っていると、

長距離遠征で、はやぶさ号に乗っている時間のほうが多くなりますから、

明日は、チョッと方向修正を図ってみようと思います。

 

でも、偶然を期待していますがね。ヒッヒッヒ。

 

 

ムスメと探鳥、八王子城跡の野鳥/2018-6-3

 

ムスメとサンコウチョウを出会わせたい。

とにもかくにも、早く出会わせたい。

 

あの優雅な舞、美しいフォルム。

神の使いかと思わせる鳥。

 

先日、オットが出会った八王子城跡へ。

 

サンコウチョウよ、どーかヒトツ…。

 

到着すぐに、鳴き声が聞こえた!

 

ムスメ、鳴き声も初。

 

いー感じだ。

 

が、結局は、会えなかった。

うむ、これも試練、次回につながるはず。

 

疲れて帰り道を進むまで、写す係のムスメは一度もシャッター切れず。

 

オット「そんな日もあるわな。」

ムスメ「…。」

 

そこへ、救世主!ナイス、コサメ!!

 

f:id:doshiroutobirder:20180604221806j:plain

 

コサメ①「ささっ、ムスメ、早くパシャッと!!」

ムスメ「あぁぁ、チャンスぅ~!」

コサメ②「ヒラッ、ヒラ~リッ!」

オット「あぁっ、②遅ぇ!!!!」

 

左上でボケてるのが、②です…。

 

ま、上出来上出来。

 

直後、ツバメがビュ~ン。

 

&ビュ~ン、&ビュ~ン。

 

f:id:doshiroutobirder:20180604222059j:plain

 

ツバメ①「あ~ん。」

ツバメ②「ア~ン。」

ムスメ「オットぉ、奇跡の瞬間撮れたかも!!」

オット「ま、まさか、口移しのタイミングか!?」

 

ムスメお見事&②のあけた口と表情がウケる!

 

また、いい記念写真撮られちゃいました。

 

そろそろ、八王子もそ~っとしておいた方がいい時期なので、

間あけて、また行こうと思います。

 

 

ジィちゃんと探鳥、森戸川源流の野鳥・江ノ島の野鳥/2018-5-29

 

ヤマビルが多くてダメ…。

セミの声がうるさくてダメ…。

 

困ったな…。行き着けの場所が、狭くなってる…。

 

仕方ない、方角変えましょ。

 

初の試み、湘南方面。

やはりその実は、サンコウチョウにあり。

 

森戸川源流、気にはなっていたのです。

 

スーパーカブ50はやぶさ号の走行時間もまずますの距離、

何より苦手な上り坂が少なかった!

 

現地の情報はあいまい、当てずっぽうで行ったら、

着いてしまいました!

 

そこはまず、ウグイスとガビチョウの楽園でありました。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530202644j:plain

 

ウグイス「やぃニュウフェイス、たっぷり聞いてけよ!」

オット「ぬぬ、おヌシ、新米だな…。」

 

いろいろと面白そうだったが、今回はあくまで下見。

動いて歩いて、次回へつなげよう!

 

目当てのサンコウチョウは、3回ほど声を聞いただけにとどまる。

一箇所で待ち続けるの苦手ですからね。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530202924j:plain

 

コゲラ「ド素人、どうよココ?」

オット「いいねぇ、雰囲気いいよね!通っちゃうと思うよ。」

 

で、ルールブックがありました。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530203050j:plain

 

諸先輩方は、4と5を守っていましたね。

オットは全部守ろうと思っています。

 

 

で、もう1箇所。

足を延ばして、江ノ島まで。

 

ココも観光でしか来たことが無かったので、勝手わからず。

ええぃ、適当に進んでみよう!

 

ハィ、正解!

ついてる!

 

f:id:doshiroutobirder:20180530203339j:plain

 

トビ「キサマ、手土産のアブラゲくらいねぇのか!!」

オット「観光客のメシ奪うって名物になっているらしいな!」

 

海岸線を歩くと、フナムシフナムシ

気持ち悪ぃ…。

 

しかもココのフナムシ、慣れたものなのか、動きが鈍い。

 

オット「岩場をヒョイっと、あぁ、踏んじゃうって~!」

 

デカく育ったのは、オレンジがかっていて、なおさら…。

 

で、本日のメインが登場。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530203751j:plain

 

ムッシュイソヒヨ「子育て中ですからッ!ご静粛にッ!!」

オット「心得ておりますデス。」

 

f:id:doshiroutobirder:20180530203936j:plain

 

マダムイソヒヨ「ですから…。」

オット「了解です…。」

 

場所が場所だけに、ハヤブサ記念撮影にも挑戦。

ハハハ、オットのオンボロでは、これが限界。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530204246j:plain

 

ハヤブサ「遠いなぁ~オメェ~!」

オット「オット世代にバズーカ買う余裕なんてねぇのよ…。」

 

うん、ココはこのくらいでいいかな。

夏になったら込みそうだし、ね。

 

f:id:doshiroutobirder:20180530204513j:plain

 

江ノ島の管理人「えっ!?もう来ないの?」

オット「あぁ、わかったわかった、また来るよ!」

 

 

たぶん、行きませんけどね…。

 

逗子・鎌倉・葉山、いいぞ。

 

 

ジィちゃんと探鳥、柳沢峠の野鳥/2018-5-27

 

今日は待ちに待った日曜日でしたが、

ムスメに所要アリ、オットはフリーとなりました。

 

オット「おい、ジィちゃん、コマドリ行くかぃ?」

 

レッツゴー柳沢峠!

 

仕事の疲れ&大人の五月病で疲れているのに…。

起床は、3:45でした。

 

遠いなぁ~、遠いけど、行っちゃうのです。

 

現着、ガックリきたのが、鳥以外の声。

 

現地にいた方のお話と帰宅後調べてみた結果で、

エゾハルゼミの大発生とわかる。

 

まー、うるせーうるせー。

鳥たちの声はかき消されておりました。

 

コレも自然の一部、なんか鳥たちのメリットになっているはず。

そう信じて、ガマンをすることに。

 

f:id:doshiroutobirder:20180527173402j:plain

 

オオルリ「食えって言われても、無理だかんね!」

オット「だよねぇ、こういうときばかりで悪いが、カラス君たちに…。」

 

それも、無理ですよね…。

 

セミには、セミの事情があることですし、

虫ファンもいることなんで、ね…。

 

そうだ!標高をあげれば、なんとかなるかも!

通称電波塔までがんばってみよう!!!

 

もしや、マミジロ!?

 

f:id:doshiroutobirder:20180527174028j:plain

 

キセキレイ「マミ白いけどね…、腹黄色いよ。」

オット「出会うと思わなかったから、ビックリだよ!」

 

イエロー…、キセキレイとかキビタキ観るとカレー食べたくなるのは、

おそらくオットだけでしょうね…。

 

動きも無いどころか(たぶんあったはず)、声が聞き取れず、

折り返して、ゆっくり下っていくことにしました。

 

f:id:doshiroutobirder:20180527174439j:plain

 

ゴジュウカラ「どーせコマドリ狙いだべ!?今日はポーズとってあげないッ!」

オット「あぁぁぁ、ホントはキバシリだと思ったなんて言えない…。」

 

前回の訪問でもそうでしたが、ココは日本三名鳥が揃う場所。

今回も、3つ揃ってさえずりが聞こえました。

 

f:id:doshiroutobirder:20180527175107j:plain

 

ウグイス「どーもね…、セミに押されちゃってサ…。」

オット「オメェ、まだまだの若手なんじゃねぇのか?」

 

オットのオンボロ中古カメラセットでも、動画は撮れます。

内容は、知りませんよ。観る専門なんでね。

 

オオルリに続き、序二段ではありますが、ウグイスが撮れました。

 

ユーチューブに投稿することも考えております。

ハッ!?ブロガーに続きユーチューバーにも?!!!

 

ま、ド素人による、ド素人向けですけどね。

 

いやはや、暑さに負けました。

 

予定では、この後サンコウチョウ狙うつもりでしたが、

どうしてもビールが飲みたくなって、まっしぐらに帰宅。

 

日曜日で、社会全体が動く日にこのデキは、合格点かと。

 

でも、柳沢峠に行くと、常々思うことがあります。

 

日本三名鳥って、コマドリオオルリ・ウグイス、らしいですが、

ウグイス・ミソサザイ・ガビチョウでいいのではないか、

がオットの意見です。

 

ガビチョウが外来種であることを考えたら、

ウグイス・ミソサザイキビタキで、どうでしょうか、ネ…。

 

ミソサザイ、いいんだよなぁ…。

 

 

ムスメと探鳥、八王子城跡の野鳥/2018-5-20、ジィちゃんと探鳥、宮ヶ瀬の野鳥・八王子城跡の野鳥/2018-5-24

 

霊感なんて、まったくありません。

幸いこれまで、金縛りという名の呼吸困難に陥った程度。

 

でも、避けていました。

 

八王子城跡。

 

宮ヶ瀬・虹の大橋も同様に避けていましたが、

自分の勘違いで渡ってしまってからは、

ノ~~~~~~~プロブレム。

 

やはり、霊感ゼロでした。

 

GO!八王子!!

大丈夫!大丈夫!!

 

ウチの家系、霊感無いようなので。

 

着いて早々、太鼓の音。今後予定されているお祭りの練習なのか!?

 

太鼓の音の方が、ムスメは苦手。

 

こりゃ、ムスメの機嫌も、野鳥の出も、悪そうだな…。

 

さっそくコサメビタキの巣を教えていただくが、

チラリチラリと観て、終了。

 

オット「子育て中だから、通過しますか。」

ムスメ「えぇ、モチロンそうしましょ。」

 

息の合った親子でしょ?

進んだ先で、キビタキに出会う。

ムスメ、今期初です。

 

f:id:doshiroutobirder:20180524173338j:plain

 

キビタキコサメビタキ、スルーしたってね。ありがとうね。」

ムスメ「あったりまえジャン!」

オット「子育ての放棄をカラスのせいにするカメラマンいっぱい見たからね…。」

 

ムスメ「オット、写真撮りたい!」

 

オーライ、オーライ、勝負といきますか!

 

f:id:doshiroutobirder:20180524173605j:plain

 

キビタキ「ムスメッ!今!今ッ!!」

ムスメ「ウグゥゥッ!!!!」

オット「コンビプレーかよー、ずりーなー!!!」

 

負けました…。

 

で、暑かったので、この日は、これで終了。

 

八王子城跡、いいな、ウン。

できたら、ムスメとサンコウチョウを会わせたかったですがね…。

 

 

それを踏まえて本日、早朝5:00に出動!

 

まずは、宮ヶ瀬へ。

ヤマビル、怖ぇな~、嫌だな~。

 

一応長靴持参です。

 

メインの林道に向かう途中、お気に入りの場所で、様子をみる。

サンコウチョウ、ホィホィ言ってますなぁ。

 

しばし待つも、メスの姿をチラッと観るにとどまる。

 

あせっちゃイカン、あせっちゃ。

 

場所を変えて、林道の入り口に立つも、ヤマビルの恐怖に勝てず…。

 

オット「あ~、とりあえず明るい林道へ行こう…。」

 

早戸川林道は、まったくアタリ無し。

仕方なく引き返す橋の上で、イエローと会う。

 

f:id:doshiroutobirder:20180524174522j:plain

 

キセキレイ「や~い!根性なし~!」

オット「根性でヤマビルいなくなるなら、出すっつーの!!」

 

キセキレイも、キレイな声ですな…。ウットリ。

 

元の場所に戻って、サンコウチョウを待ちつつ(声はビンビン)、

センダイムシクイ、カラ類をパシャッといこうと思いましたが、

う~ん。

 

1人2人と集まる方々の声のうるさいこと…。

サンコウチョウ狙いだと、センダイはどーでもいーよーで…。

 

オットは、狙ってるっつーの!!!!

 

カメラどころか、双眼鏡も出さずに、自慢話大会でした。

 

はい、てっしゅー。

 

 

サンコウチョウを求め、ムスメと下見した八王子城跡です。

 

運よくコサビタキが、巣から離れていました。

ホンジャ、チョイと失礼。

 

f:id:doshiroutobirder:20180524175537j:plain

 

コサメビタキ「なんかイロイロ気ぃ使ってもらって、スイヤセンね。」

オット「いやいやとんでもない、お互い様でいきましょう。」

 

始めましてのコサメビタキは、くせになるほど、ステキな鳥でした。

 

さぁ、さっきから声だけは聞こえるサンコウチョウ

どうよ、もういい加減、サービスする気にならないかぃ!

 

ココで、雨&雷ドーン!

 

やべぇ、ダメかな、こりゃ。

 

オットは今日もスーパーカブ50ハヤブサ号ですから、

じゃ、帰ろうってなりません。

 

粘って粘って、ひと時の晴れ間。

 

f:id:doshiroutobirder:20180524180426j:plain

 

サンコウチョウ「いわゆる、根負けってヤツかねぇ。」

オット「あぁぁぁ、明かり少ない、ボケないでぇ~!」

 

小さな沢で水浴びまでしてくれて、ありがたい出会いでした。

 

林の中で暗かったので、オットのオンボロ中古カメラセットでは、

ボケるのなんの、ブルーのアイリングが3つあった写真もありました。

 

ハハハ、コレはコレで、面白れー!

 

f:id:doshiroutobirder:20180524180858j:plain

 

サンコウチョウ「もう!チャンとやって!!」

オット「まぁまぁ、ド素人ですから!!!!!」

 

でも、ひそかにリベンジを誓うオットでした…。

 

写すことに重きを置かないから、続くのかもしれませんね。

出会った時のドキドキ感がたまらないから、いいんでしょうね。

 

自分のスタイルで、ホソボソとやっていけば、

今日みたいにいいことがあると信じています。

 

次は、日曜日だよー、野鳥たち、頼むよー!!!!!!