ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

早朝探鳥、野川公園の野鳥/2017-11-16、ジィちゃんと探鳥、権現山の野鳥・宮ヶ瀬湖の野鳥/2017-11-17

 

昨日疲れてしまって、ブログが書けなかったので、

またまた、まとめでいきます。

 

仕事前のわずかな時間で、野川公園

 

f:id:doshiroutobirder:20171117185649j:plain

 

エナガ「あ、へたっぴ、また来た。」

オット「もうチョッと、オブラートにくるんでサ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117185755j:plain

 

ヒヨドリエナガ、気にするな、どうせピントあわねぇよ。」

オット「まぁね、反論できないけどね。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117185925j:plain

 

カルガモ「君タチ、弱いものイジメは、イカンな。」

オット「よ、弱い…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117190036j:plain

 

キジバト「さ、撮りたまえ、弱きモノよ。」

オット「ありがたく…。」

 

 

野川公園で調子に乗ったワケではないですが、

貴重な平日休みを利用し、神奈川シリーズへ。

 

先週で味をしめた宮ヶ瀬湖、さらにえらく早起きしてしまったので、

弘法山公園を追加してみました。

 

f:id:doshiroutobirder:20171117190359j:plain

 

弘法山公園の管理人「あン!?冬鳥?来てるんじゃね?」

オット「オイ、そ知らぬふりで、十分狙っているジャンか。」

 

ついて早々、カラ軍団に囲まれたが、ボケ写真の連発。

 

f:id:doshiroutobirder:20171117190641j:plain

 

シジュウカラ「面倒くせぇから、先に水場行って待ってるゾ。」

オット「スイヤセン、すぐ行きます…。」

 

坂をあがる途中、マダムジョビィの、フィッフィッフィッ。

 

f:id:doshiroutobirder:20171117190848j:plain

マダムジョビィ「何ヒタキ?何ヒワ?不思議でしょ?キレイでしょ?」

オット「偶然、葉っぱが翼に重なっただけでしょうが…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191035j:plain

 

シジュウカラ「オンナの変化は、褒めるのが基本でしょうが!!」

オット「早く水場行ってろよ…。」

 

して、水場到着。いつもより常連さんが少ないか?

窓開いてるけど、ジャケットかけてあるから、止めときます。

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191247j:plain

 

シジュウカラ「あ、来たね。ホンジャ、始めるよ~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191334j:plain

 

シジュウカラ「おりゃ~、左側!左側!左側!!」

オット「なぜ、左ばかり…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191452j:plain

 

シジュウカラ「ふぃ~、スッキリ!!

オット「え!?右やんねぇの?」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191553j:plain

 

メジロ「早くしろヤ!ケツ洗いたいんだから!!」

オット「右か左洗ったら、片側だけトレードマークがとれるかもよ?」

 

やはり、待ちの探鳥は苦手ですね、宮ヶ瀬湖へ向かいます。

 

 

イキナリ!さっき撮れなかったヤマガラ出現!

 

f:id:doshiroutobirder:20171117191849j:plain

 

ヤマガラ「ニーニー、2週連チャンだね。」

オット「先週ハプニングがあったからね。いいも悪いも。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171117192422j:plain

 

トビ「ゆっくりしていきなよ~!ヒョロロロロロロ!」

 

でー、先週出会ったうれしいアイツがいたように観えたのでー、

すっげー遠かったんですがー、撮ってみたわけですよー。

 

う~ん、アイツにも観えるし、ゴミにも見えるし。

 

保留かな。

 

f:id:doshiroutobirder:20171117192751j:plain

 

ヒヨドリ「ゴミだよ、ゴミ、ハッハッハッハッハ!!」

オット「うるさいよ…。わかってるよ…。」

 

今日の宮ヶ瀬は、どうもタイミングが悪く…。

 

いつもはね、

 

・チョッと前方に動いてるモノを発見

   ↓

・ジワッジワッジワッとゆっくりと詰め寄る

   ↓

・もう無理かなって距離で、双眼鏡で観る

   ↓

・で、できたら写真を撮る

 

この手順がオットの定番なんですが、

今日は違いました。

 

・なぜか近づいているのに気付いていないオット

   ↓

・近づかれすぎて、急にビックリして飛び立つトリ

   ↓

・急に羽音がして、逆にビックリするオット

   ↓

・何がいたのかも、確認できず…

 

何度も何度も何度も何度も、この繰り返し。

バルルルルって羽音が聞けたから、コレはコレでいいけどサ。

もうチョッと、距離感のスリリング、やらしてよ…。

 

青や黄色や橙、ひょっとして赤さえも。

赤はサ、初めましてがこれじゃ嫌なので、

ノーカンにしようと思います。

 

観たいのに観られない、観られるのに観られない。

 

あぁ、やはりやめられないバードウォッチング。

 

うん、また明後日も。

 

 

 

早朝探鳥、野川公園の野鳥/2017-11-14

久しぶりの野川公園

出勤前に、チョイと無理してみた。

 

f:id:doshiroutobirder:20171114210034j:plain

 

キセキレイ「平日の早朝から、豪気なことで。」

オット「コレやんなきゃ、世知辛い世の中、もちませんワ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171114210217j:plain

 

キセキレイ「へぇ~、そんなモンかねぇ。」

オット「おぉッ!ダブル!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20171114210333j:plain

 

キセキレイズ「そうそう、ダブル~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171114210432j:plain

 

ヒヨドリズ「コッチも、ダブル~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171114210528j:plain

 

カルガモズ「ダブ、ダブ、ガブ、ガブ、ガブル!!」

オット「ガ、ガブルズ…。」

 

ダブルは、贅沢だ。

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、平塚田んぼの野鳥、宮ヶ瀬湖の野鳥/2017-11-9

 

えー、本日もたいした内容ではございません。

写真家の皆様は、ご覧にならない方がよいかと思われます。

 

事前情報を見比べて、宮ヶ瀬湖へ向かうと決定。

我がカブ50の力量をはかり、もう1箇所追加。

 

そうね、ケリ&タゲリ行っちゃう!?

 

ほいじゃ、平塚ですね。

 

2時間半かけて現地到着。

 

まぁ、すっげー強風…。

 

強風のおかげか、雲のない日本一が撮れた。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109193915j:plain

 

縁起がいい。幸先もいい。

 

 

 

 

はず。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20171109194017j:plain

 

カワラヒワ「この風じゃあ、ねぇ…。」

オット「そ、そうよねぇ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171109194134j:plain

 

ハクセキレイ「踏ん張っているのがやっとだゾ。やめといたら?」

オット「う~ん、もうチョッとがんばってみる。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171109194313j:plain

 

タヒバリ(だと思う)「あーた、もうチョッと静かに歩けないの?」

 

地上15cmくらいに刈られた稲の付け根、無数。

その隙間にいるヤツラ、まー見つからない見つからない。

 

近づいては飛ばれ、近づいては飛ばれた。

 

驚かして、ゴメンよ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109194548j:plain

 

チョウゲンボウ「あらよッと!昼飯抜きになったら、ぶっ飛ばすゾ!!」

オット「うッわ~、ある意味ゴメン、ある意味ホッと…。」

 

カブ50が倒れるのが心配で、撤収となりました。

 

 

さぁて、本命、宮ヶ瀬湖

 

昔ながらの醤油ラーメンで気合を入れて、いざ、いざ!!

 

 

 

あ。中学生のマラソン大会やってる。

 

…終わりました。

 

 

結果、お会いしたバーダーさん、皆全滅。

 

ま、そういうこともありますね。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109195555j:plain

 

シジュウカラ「ん!?オレ、気にならんよ。」

オット「そうね、お前らハート強いモンね。」

 

何も観られない林道を進み、いささかもういっかってなった時。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109195741j:plain

 

折り返せなくなってしまった…。

 

その後、最終ランナーを見送った後しばらくして、

大好きなカラ軍団に何度も何度も頭上を制圧されて、満足しました。

 

ようやく観つけたマダムジョビィも、おしゃべりバーダーに追いやられ…。

ベニマシコもミヤマホオジロも、次回のお楽しみとなりました。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109200111j:plain

 

半紅葉が映る湖面のオオバン「これでどーよ?」

オット「あれま、けっこうステキだね。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171109200306j:plain

対岸の豆ツブオシドリ「今日はツイてなかったね。」

オット「そうだね、でもまた会いにくるよ。」

 

下を向いちゃいけないと思って、空を見上げたら、

 

f:id:doshiroutobirder:20171109200554j:plain

 

あれ、どなたさん?

 

鷹の見分け、相変わらずできません。

 

f:id:doshiroutobirder:20171109200704j:plain

 

メジロ「実はケッコウ満喫したんじゃねぇの?」

オット「ハッ!?ばれている…。」

 

実は満喫した理由があるのですが、

その話は、いつか気が向いたら書こうと思います。

 

 

 

 

ジャパンバードフェスティバル2017&ココ最近の早朝探鳥、善福寺公園の野鳥。

手賀沼で開催されたジャパンバードフェスティバルへ行ってきました。

 

うん、たまにはこういうのもいいね。

勉強になりました。

 

中でも最高の出来事!

 

ムスメ&オット&バァちゃんが大ファンの、

富士鷹なすびさんにお会いしたことです!

 

バァちゃんは行かれなかったけれど、

現地に着く前から、いらっしゃるといいね~、

って二人で盛り上がっておりました。

 

実際にお会いし、ずうずうしくもサインをおねだり。

 

f:id:doshiroutobirder:20171106194826j:plain

 

ご好意で、カワセミまで書いていただきました!!

 

ムスメ興奮、オット満悦。家宝だ、家宝だ!!

最高の思い出です。

 

なすびさん、ありがとうございました!!!!

 

いろいろとなすびさんグッズを購入。

そして、オットのカメラレンズは、こうなりました。

 

f:id:doshiroutobirder:20171106201034j:plain

 

 

 

さて、ここからは、ここ数日の早朝探鳥。

 

善福寺キメウチで、冬鳥を狙いましたが、

う~ん、まだかな。

 

特に、マダムジョビィをお待ちしているのですが、

昨年縄張っていたあたりで工事が始まってしまったのが、

実に気がかりです。

 

f:id:doshiroutobirder:20171106195344j:plain

 

エナガアオジツグミも、まだだねぇ…。」

オット「そうだな。他の公園には着ているようだが。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171106195528j:plain

 

ゴイサギ「気長に待てよ、いつかは来るサ。ヨッコラセ。」

オット「キミの生活リズムには合わせ切れんよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171106195740j:plain

 

アオサギ「冬鳥脅してねぇだろうな!!」

カラス「よ、よせッ!そんなことしてねぇよ!!!」

オット「カラスよ、正直になってみろ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171106200013j:plain

 

モズ「高いところから、呼ぶ!?」

オット「おぉ!そうしてくれ!!」

 

もうすぐもうすぐ、でも待ちきれない。

 

 

早朝探鳥、善福寺公園の野鳥/2017-10-24

眠るアオサギ

 

f:id:doshiroutobirder:20171027053920j:plain

 

オンボロカメラで、ジーコジーコとピントを合わせていると。

 

f:id:doshiroutobirder:20171027054027j:plain

 

アオサギ「うっせーな!!」

オット「ゴメン、ゴメン、めずらしく近くで全身が観られたからサ。」

 

デカくて、きれい。ド素人むき。

 

ピント合ってないけど…。

 

 

狭山湖ノゴマで、ブログのアクセスが急上昇です。

見ていただいた皆様、ガックリな内容で申し訳ございません。

 

オットは残念ながら観ることはできませんでしたが、

皆様はガッツリと観られますように。

 

 

ジィちゃんと探鳥、狭山湖の野鳥/2017-10-23

ノゴマ=でっかいどー。

 

そんなことを思っているので、千載一遇のチャンスを見逃したくは無い。

本日もお休みだったので、またも狭山湖へ。

 

関東地方台風一過、カブ50は、何度も強風にあおられました。

 

f:id:doshiroutobirder:20171023163310j:plain

 

ハクセキレイ「はるか遠くに見えるのがノゴマかの。あ、ヘリだね。」

オット「そうね、一部赤いから間違えるね。…茶化すなよ。」

 

堤防の上に向かうスロープ、ココで出て来い、ココで出て来い、と願ってしまう。

 

f:id:doshiroutobirder:20171023163527j:plain

 

アオサギ「でっけぇ方が、見つけやすいべぇ~!」

オット「ノゴマがそのサイズだったら、う~ん、パスかな…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023163734j:plain

 

ホオジロ「性懲りもなく、アンタまた…、」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023163912j:plain

 

ノビタキ「来たってわけかぃ!」

 

オット「姐さん方、許しておくんなせぃ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023164035j:plain

 

ノビタキ「往生際悪いでぇ、コレで我慢しぃや!」

オット「ね、姐さん!!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023164208j:plain

 

スズメ「覚悟、チュン、しぃや!!」

オット「雰囲気壊すなよ…。ノゴマ出てくるまでヒマなんだから。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023164401j:plain

 

ホオジロ「ワレ、あきらめ悪いのぅ。」

オット「お、叔父貴!」

 

昨晩、ユーチューブで極妻系バラエティーを観てしまいまして…。

 

2時間強粘るも、ノゴマは現れず(隣の方はチョッと観たとか)、

昼飯がてら、トイレ休憩へ。

 

途中、お久しぶりカワラヒワ

 

f:id:doshiroutobirder:20171023164907j:plain

 

と、その後ろにヒットマンが!!

 

オット「カワラヒワ、早く逃げぇ~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171023165036j:plain

 

セグロセキレイ「きっさ~ん、なしてワシの仕事邪魔しよるんじゃ!」

オット「お腹すいたから、極妻ごっこも休憩ね~!」

 

昼飯のついでに、お隣の多摩湖にも寄ってみた。

 

f:id:doshiroutobirder:20171023165445j:plain

 

ホオジロ「あ、どーもどーも、先ほどは。」

オット「あ、ご休憩中ですか、どーもどーも。」

 

コチラの方が、近くに寄れました。

 

ホントの極妻撮影現場も、コレくらい温度差出るんでしょうか?

 

その後、狭山湖堤防に戻って、1時間半粘りましたが、

もともと、“待ち”の探鳥が苦手なため、あっさりとあきらめました。

 

ノゴマよ!またいつかどこかでのぅ!!

 

 

ジィちゃんと探鳥、狭山湖の野鳥/2017-10-19、その他イロイロ。

関東地方、いや全国的にか、台風の影響で出かけられない…。

ダラダラとパソコン見ながらすごす。

 

あ。

 

マナーを守れない団塊写真家を切り刻むブログ無数。

 

よかった。オットだけが思っていたんじゃなかったんだ。

 

ブログ、いや、探鳥やめようかと悩んでいました。

同じように嫌な嫌な嫌な嫌な嫌な思いをしているヒトがいると思ったら、

そのヒトたちには申し訳ないが、な~んか救われた。

 

一般生活同様、我々世代は団塊のおかげで救われないけどね。

 

で、再開。

探鳥していなかったわけではないのです。

 

10月19日、雨が降る中、埼玉県の狭山湖へ。

ノゴマがいるとか。

うううううう、そりゃ観たい。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022163022j:plain

 

モズ「ノゴマねぇ、はやにえにはデカいな。」

オット「物騒なこと言わないでよ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171022163226j:plain

 

ホオジロノゴマ!?見たような、見てないような。」

オット「モズ&ホオジロで、十分テンションあがってるけどね!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171022163419j:plain

 

スズメ「ヒソヒソ、ド素人のくせに、また大物食いする気だよ。」

スズメ「コソコソ、ド素人のくせに、また大物食いする気だね。」

オット「ハハハハハ、ばれてるねぇ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20171022164452j:plain

 

コチラは、ノビタキのメスでよろしいですかね。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022164657j:plain

 

ノビタキ「ウチのかぁちゃん、勝手に撮ったな!」

オット「スマンスマン、北富士演習場以来で誰だかわからなかったよ。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20171022165253j:plain

 

スズメ「ワラワラ、怒られてやんの~!」

スズメ「モグモグ、怒られてやんの~~!」

オット「うっせー!邪魔しねぇでやるからメシ食ってやがれ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20171022165517j:plain

 

ホオジロ「アンタ、ウチの旦那も撮ったね。」

オット「ホオジロの姐さん、つ、つい…。」

 

ノゴマとは話せませんでしたが、雨の割にはいい探鳥でした。

 

 

ココからはおまけ。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022165859j:plain

 

10月15日、三番瀬にて、雨のシギチ。

ちなみに、ムスメ、かる~く干潟散歩デビュー。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022170038j:plain

 

10月12日、善福寺公園にて、アオサギお立ち台へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022170238j:plain

 

10月10日、野川公園にて、初めて全身が撮れたオナガ、枝でコケる。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022170431j:plain

 

10月8日、小山田緑地にて、頭上で急にギャ~ったカケス。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20171022170738j:plain

 

10月8日、秋ヶ瀬公園にて、さすがの存在感、カワセミ

 

f:id:doshiroutobirder:20171022171026j:plain

 

10月8日、伊佐沼にて、初めましてのセイタカシギ

 

f:id:doshiroutobirder:20171022171226j:plain

 

10月5日、谷津干潟にて、干潟なのにコゲラ

さすが、ド素人。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022171659j:plain

 

10月5日、三番瀬にて、三番瀬の管理人。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022171744j:plain

 

10月5日、三番瀬にて、三番瀬の管理人その2。

 

f:id:doshiroutobirder:20171022172009j:plain

 

10月5日、葛西臨海公園にて、どうしても撮れと言ってるようなダイサギ

 

f:id:doshiroutobirder:20171022172148j:plain

 

10月4日、善福寺公園にて、ひっかかるゴイサギ

 

f:id:doshiroutobirder:20171022172314j:plain

 

10月2日、武蔵野公園にて、ノゾキ趣味のシジュウカラ

 

 

すばらしきかな野鳥たち。

 

「鳥や自然の邪魔をする団塊を見つけたら馬乗りになって殴っていい法」を、

国会で通してくれる政治家がいたら、次回1票投じるつもりです。