ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、鳩ノ巣渓谷・檜原都民の森・秋川渓谷の野鳥。

特に何の根拠も無く、奥多摩と決めた。

 

行ってみよう、奥多摩湖

 

かる~くブログを流していると、ボンヤリ見えてきた。

テーマは渓谷。あわよくば、だけが頭イッパイ占領した。

 

結果から言うと、フルスウィングの大空振り。

 

 

まずは、多摩川上流、鳩ノ巣渓谷へ。

 

「鳩」鳥の名前、「巣」鳥の家、なんてステキなネーミング。

 

上手く歩く方なら、収穫はガッツリだったんでしょうナ…。

鳥もド素人なら、ハイキングもド素人。

 

足元気にしすぎで、どうにもならん…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170717173714j:plain

 

キセキレイ「コレじゃ、証拠写真にもならんでしょうヨ!」

オット「そうなんだけど、コレで精一杯だヨ!」

 

渓流にセキレイはつきものだと思う。

昨今、コンビニの駐車場にいるハクセキレイには、ぜひ反省していただきたい。

 

ま、それはそれで1つの生き方だとも思うが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170717174050j:plain

 

ヒヨドリ証拠写真くらい、まともに撮れるようになれよ…。」

オット「スマンな…。暑さとあせりで朦朧としてしまって…。」

 

場所を変える。

 

先日下見をした、檜原都民の森だ。

 

いや、正直言うと、その前に興味を持った場所があった。

でも、わからんかった…。登山道入り口が…。

 

そして、高速バイクに次々とあおられるトーゲに嫌気がさしていた。

 

ツーリング族のみなさん、ゴメ~ン、すぐに消えますワ。

 

で、知ってるトコへ。

 

これがまた、大ハズレ中の大ハズレ。

前回来た時は、サザイでございま~す、だったのに。

 

見えないホーホケキョ、くらいでした。

 

まだまだ、あきらめんゼ!

 

帰りに秋川渓谷へ。懲りもせず。

 

以前は、南秋川をめぐったので、今回は北秋川へ。

 

 

ハハハ、ダメでした。

注意不足かも知れないのですが、秋川はなかなか川に下りられない。

 

行けそうなトコロは釣り場かバーベキュー場。

 

北秋川上流へ強行し、奥秋川へ行くも、

観光地というよりも、山間の生活スペース。

 

いやはや、難しいですな。ヤレヤレ。

 

 

夏場の探鳥の難しさを満喫しつつ、

自分の計画の愚かさを反省した1日でした。

 

 

夏の探鳥、山梨・神奈川の野鳥。

立て続けにプチ遠征。

 

先週は、河口湖と山中湖へ行ってまいりました。

我ながら50のカブでよくやると思いますよ…。

 

初日はツーリング優先。

忍野八海&ナンチャラ風穴。

 

八海では数百人のアジア大国の方々に囲まれ、

風穴では遠足の児童百数人に囲まれ、

世界遺産周辺を満喫しました。

 

風穴出口で出会ったミソサザイ、よかったですね。

囀ってくれなかったですが…。

 

二日目にようやっとウォッチング。

 

まずは河口湖浅間神社参道~遊歩道。

着いてビックリ、30数年前にジィちゃんに連れて来てもらってました。

 

奇跡的に、キビタキが目の前に。

あせるあせる。ボケるボケる。

 

出しちゃいますか、ボケ証拠写真

 

f:id:doshiroutobirder:20170712174400j:plain

 

まぁヒドいですね。

興奮の臨場感が伝われば、と…。

 

お次は、山中湖。

憧れの「大洞の水場」を探しました。

 

見つからない…。

戻って、コンビニの店員さんに聞く。

 

「あ~、あるらしいですね。でも、私有地なんで…、ね…。」

 

このヒト、知ってる。最後の、ね、がすべてを物語っている。

でも、やんわり、やんわり、のヤツだ。

 

観光案内所で聞いてと言われたが、すべてを察し、ヤメにした。

私有地じゃ仕方ない。入れるワケがない。

入っていいハズがない。知り合い以外は犯罪行為だ。

 

これまでネットに写真を出されている方々は、すべて所有者のお知り合いの方々だ。

きっとそうだ。うらやましい。

知り合いじゃなきゃ、犯罪だもんね。

残念、オットは知り合いじゃない。

なので、誘惑に負けず、あきらめました。

 

私有地に勝手に入るのは、犯罪なんで。

 

プチ遠征しながら、憧れの場所に行かれなかったのですが、

でもねでもね、この夏の目標の1つ、ツバメが撮れたから、ヨシとします!

 

f:id:doshiroutobirder:20170712175243j:plain

 

別荘地を歩くと、ここでもキビタキ

 

クロとキイロって、ここまでステキかね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712175402j:plain

 

アオゲラも近かったけど、ボケた…。

 

で、わかんなかったのが、コレ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170712175529j:plain

 

んで、コレ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170712175613j:plain

 

わかんないから、また行きたい。

そんな程度のユルさでいいんじゃないかと。

 

さてはて、たぶんあけてるけど、あけてないという関東地方の梅雨、

曇り予報の神奈川県に行き、ドピーカンの陽射しを浴びてきました。

まぁ、こげたこげた。

 

津久井経由の、宮ヶ瀬ダム周辺、早戸川林道へ。

 

事前チェック、熊情報も心霊情報も完璧と思いきや、

虹の大橋をウッカリ渡るハプニング。

 

その後も道に迷う迷うの連続後、ヤットコサ現着。

 

ここでもノッケから、ツバメ撮れました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712180347j:plain

 

早戸川林道、最初に現れたのは、都会の市街地にもいるキジバトでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712191241j:plain

 

キジバト「わざわざ来たのにな。」

オット「デデッポポー、以外できるかね?」

 

しばらく歩いて、枯れた湖畔を見ると、アオサギ

 

f:id:doshiroutobirder:20170712191443j:plain

 

アオサギ「モノ好きだねぇ~!」

 

林道って、いわゆる林道じゃなくて、旧林道だった。

 

ココココココココココココ。

コゲラだろう、きっと。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712191710j:plain

 

コゲラ「あ、ばれた?場所的にアカゲラ!?とか思った?」

オット「ゴメン…、思った…。」

 

間もなく目的地といったところで、大好きな鳥が群れで現れる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712191828j:plain

 

で、その直後だ。

 

わからない。コレ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712191930j:plain

 

腰脇のキイロ的なことだけ言えば、ルリビタキ♀?

でも、くちばし下のども黄色いんですよね。

キセキレイなのか?尻尾ペシペシしてなかったが。

 

ま、これも次回のお楽しみで。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712192203j:plain

 

クルリと輪を描いたアイツは、

ムスメとオットが知っているトビか?

でも、尾羽がバチじゃない。

 

きっとトビだろうけども…。

 

何もかにも、次回まわしの面白さ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170712192409j:plain

 

アオサギ「あぁ、全部野鳥だよ。」

オット「発言に重みがあるね。全部野鳥一くくりか。」

 

じゃぁ、また行ってやろうじゃないのサ。

 

 

ジィちゃんと探鳥、檜原都民の森の野鳥。

東京&山梨地方、お昼あたりから曇り、予報を信じて出発。

檜原都民の森です。

 

事前情報ほぼナシ。

気付くとPCの画面は熊情報であふれている。

 

熊、コワいですからね。

 

現地到着10:30。降っている…。シッカリと…。

待機すること50分。

 

 

 

 

 

GOだ。降ってるが…。

 

歩くこと30分。

ピーどころか、ウンともスンともない。

コースを変える。

 

細めのコースに陣取ったデカめのカエルが怖かったワケじゃない。

ハイカーの一人もいなくて怖くなったワケじゃない。

 

森林館の近くをウロウロ。

ヒトが近くにいるって安心感が欲しかったワケじゃない。

 

いや、すべて、そうだ…。

 

コースを変えて、大正解!

 

ウグイスが鳴き。

ツツドリが鳴き。

オオルリ(帰宅後確認)が鳴き。

コマドリ(帰宅後確認)が鳴いた。

 

三役プラスα揃い踏み。

 

ちゃいちーな水の流れ付近で、ミソサザイが溢れていた。

 

で、持病の呼吸困難。

ミソサザイ、いいよね。無理もないよね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170628175341j:plain

 

ミソサザイ「サザイでございま~す!」

オット「テケレッテ、お魚くわえた…。」

 

曇天&林の暗さ&ド素人の呼吸困難で、ボッケボケ。

 

ま、いいサ、会えたから。

 

頭上ではヒッキリなしにカケス。

 

f:id:doshiroutobirder:20170628175657j:plain

 

カケス「カケスでございま~す!」

オット「ゴメン、どうにもできん…。」

 

聞いてもわかんない声を含めたら、雨の探鳥もデキはいい方かも。

 

写真家の皆様、ご容赦ください。

探鳥家なモンで、証拠写真どころじゃないですね。

ま、観た記念です。

 

帰宅スタートしたとたん、お日様テッカリ。

 

うん、檜原いいな、また行こう!

 

さ~て、来週のサザイさんは?

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、クオードの森の野鳥。

貴重な平日お休み&プチ機動力。

 

さらに、昨日の豪雨がウソのような天候に恵まれ。

 

ぢゃ、行きますワな。思い切って。

 

かねてから行ってみたいと思いつつ、

電車でGO!にはキツいだろう、クオードの森へ!!

 

遠かった…。

 

行き4時間30分、帰り4時間。

何やってんだろ…。

 

苦労した甲斐があって、今年の目標の1つ達成!!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170622192202j:plain

 

ボケてますねぇ~!

キレてますねぇ~!

ド素人丸出しですねぇ~!!

ハッハハハハ~!!!!

これでもマシな証拠写真です。

 

現地に着いたのが、お昼近く。朝早く出発したのに。

一頻り歩いたものの、キビタキホトトギス・ウグイスなどの声のみ。

 

オット「あぁ~、ダメなやつだな、こりゃ…。帰るかナ…。」

 

サンコウチョウ「チョイと、待って~~~ィ、ホィホィホィ!」

 

月と星と日に、一気に照らされました。

 

コレがオットとサンコウチョウの初対面。

恥ずかしい話、興奮しすぎて呼吸困難になり、

カメラのファインダーの中にサンコウチョウをおさめられず。

 

自分でもビックリするくらいの興奮でした。

ジィちゃんも観たことないはずだから、隣で呼吸困難だったでしょう、きっと。

 

サービスで見えるところに出てきてくれてありがとう、サンコウチョウよ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170622192837j:plain

 

キセキレイ「さらに精進しろよ、ド素人!」

オット「今日は素直に言うこと聞くよ。アラ、やっぱりキミもキレイだね。」

 

だけどね、スーパースターに出会っても、時間をかけて遠征しても、

現地でシジュウカラを探している自分は、ケッコウ好きです。

 

 

プチ遠征探鳥、奥秩父の野鳥・渡良瀬の野鳥・北本公園の野鳥。

ヒョンなことから、わずかながら機動力を手にしまして。

活動範囲も、ジャッカン広がったワケです。

 

営巣・子育ての時期ということもあり、

「求愛だー。」「巣だー。」「ヒナだー。」

と野鳥の迷惑をかえりみず騒ぎ立てる、団塊写真家の悪行に心の中でツバを吐きつつ、

活動を自粛されている、真のバーダーさんをリスペクトし、

おとなしくしていました。

 

我慢できず、機動力試しで行ったのが奥秩父

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180049j:plain

 

キセキレイ「アタクシなんか序の口なんですよ。」

オット「序の口か…。十分満足できるカラーだよね。」

 

“走り”優先のお仲間と行ったので、趣味は後回しでした。

 

で、6/14本日、一人で日帰りバーダーツーリング。

 

まずは、ジィちゃんが好きだった渡良瀬遊水地へ。

 

そこには、東京と変わらぬ風景が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180549j:plain

 

スズメ「はるばるスズメ観に来たのか!?」

オット「それもあるよ。スズメ君、好きだよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180749j:plain

 

ホオジロ「ご褒美に一節囀ろうか?」

オット「あぁ、イッチョお願いしますよ。」

 

れいな声でやってくれました。

 

でも、カブせるように、ギョシギョシ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180939j:plain

 

オオヨシキリ「夏の主役の登場だ~い!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181033j:plain

 

ヒバリ「アイツほっといていーよ。うっせーから。」

オット「あーたもかなり上空なのにうっせーよ。聞いててうれしいけどね。」

 

初・渡良瀬は、どこを歩いていいかわからず、マゴマゴしてしまった。

生きてるうちに連れてきてくれたらよかったのに…。

 

 

機動力を生かし、強引に北本公園へ。北本大好き。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181456j:plain

 

オオヨシキリ「い・ら・ッ・しゃ~・いッ!!!」

オット「ハハハ、夏全開だね!」

 

ジットリいこうかと思ったのですが、カラスがね…。

しょうがないですね、カラスも必死です。

 

途中、キビタキの声が聞こえて、ケッコウ立ち止まって待ちましたが、

お会いできず。

 

ガビチョウ・ウグイスの声でスッカリ癒されましたからオーケー。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181920j:plain

 

オオヨシキリ「ギョシギョシぢゃ、ダメ…?」

オット「シジュウカラもウグイスも、食い気味でくるギョシ好きですよ!」

 

最後に、シジュウカラのおチビと思われるのが、おかしなことしてた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614182148j:plain

 

翼を全開にして、木にこすり付けていた。

コレは何浴びなんだろうか?

 

えっらそーに講釈たれる団塊写真家、説明してくれ~!

 

 

久々の探鳥、高尾山の野鳥。それとグチ。

テンション、ダダ下がりです…。

 

原因はと言えば。

 

 

カラス。

そして、虫。

 

ブ~~~~ン、&、アァァァァァァ。

 

必要以上にデカいハチ(アブ?)がとにかく嫌い。

あと、目の前でホバリングしてから、目にダイブしてくるちっせーの。

 

井の頭公園のカラスには、顔を覚えられてしまったようで、

しょっちゅう威嚇飛行を食らう始末…。

 

ただでさえ新緑がメガ盛で、探すのに集中したいのに…。

 

ほぼ毎日、野鳥に会いに行ってますが、すぐに終了。

あぁぁぁぁぁぁぁ、どうしたらえぇのか…。

 

葛西臨海公園の管理人「ハチにあったらナ、」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601152610j:plain

 

葛西臨海公園の管理人「身を低くして、にらむッ!」

 

石神井公園の管理人「カラスに狙われたらナ、」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601152907j:plain

 

石神井公園の管理人「そそッと逃げる!」

 

オット「勉強になります…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153051j:plain

 

カワセミ「うまいモン食って、元気だせや。ほれッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153213j:plain

 

オット「キングフィッシャーよ、その看板、つり禁止って書いてあるんだぞ…。」

 

カラスから逃れるべく、やや山の方へ。狭山湖

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153452j:plain

 

スズメ「ま、あまりカラスばっかり気にするなよ。タカにやられんぞ。」

オット「君らそういう悩みもあるわな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153625j:plain

 

コゲラ「ヤバイと思ったら、穴に隠れるッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153812j:plain

 

オオヨシキリ「カラスよりデカい声で叫べ!ギョシギョシってな!」

 

さらに山の上なら、カラスも減るだろうってことで、

本日は、高尾山へ。

 

ウグイス・キビタキ・ガビチョウ・ホトトギス、大合唱!

鳴き声苦手なんですが、オオルリも囀っていたような…。

 

頭上高いところで、サンコウチョウ

粘りましたが、姿が見えず、この夏の目標の1つ達成ならず。

 

あ、なんだか楽しくなってきた!

 

気になるカラス&虫も、まったく問題なし。

いいぞ、高尾山!アイラブ、高尾山!

 

f:id:doshiroutobirder:20170601154544j:plain

 

キビタキ「コレ食べたら、さらに元気になるかもよ?」

オット「だから、虫嫌いだって…。」

 

姿見えずとも、美しい大合唱に心洗われ、

夏鳥夏鳥の楽しみ方を満喫したのでした。

 

 

GWの探鳥②、葛西臨海公園・井の頭公園・石神井公園・光が丘公園の野鳥。

5月5日、前日行ってみた見沼田んぼを断念し、

バードフェスティバルが行われている葛西臨海公園へ。

 

予想通り、各ブースにまったく興味を示さないムスメ。

センターの常設展示がお気に入りらしい。

 

めずらしく証拠写真係に立候補した。

カメラを手渡す。

 

まず東西渚の間へ。

本日のお目当て、カンムリカイツブリコアジサシを観る。

 

久々の写真係で、ムスメ調子が悪い。

たまらず、1枚撮らせてもらった。

ま、あんまりデキは変わらんけども。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051728j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051756j:plain

 

スズメ「おい、ムスメ、リハビリしろ!」

 

下の池へ行き、キビタキ探すが、何せヒトが多い…。

写真家が多いと、おしゃべりが多い…。

 

隙間をかき分け、ムスメ奮闘。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051954j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052028j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052057j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052135j:plain

 

ムクドリ「おッ、やるジャン、ムスメ。」

ムスメ「まぁね。」

 

5月6日、オットは仕事。

早朝探鳥、井の頭公園。

 

世間様はまだまだGW。ヒト多いなぁ。

で、やはりおしゃべりが多い。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052400j:plain

 

白い眉があるので、マミチャジナイでいきます。

マミチャジナイです!い~や、マミチャジナイです。

 

マミチャジナイを観た!という事実が欲しいので…。

 

5m後ろで、アレ観たコレ観たで、ペチャクチャ。

ガストかドトールでやってくれ…。

 

やはり、マミチャジナイいなくなる…。

 

5月7日、ジィちゃんと探鳥、石神井公園と光が丘公園。

 

下からヒヨドリを撮ってみたが、こんなにきれいな模様なのは知らなかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052830j:plain

 

ヒヨドリ「そんなトコ、撮んなよ!」

オット「失礼失礼、思わずね。」

 

野鳥の出が悪いせいか、20人くらいがカイツブリ宅を撮っていた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509053004j:plain

 

カイツブリ「オォォ、コラッ、ウチん中まで撮んな!」

オット「プライバシーの侵害ってヤツだな。」

 

光が丘公園もレジャー&スポーツの方が多く、野鳥はほぼほぼ観られず。

 

全体的には、ヒトの多さの割りに、野鳥がよく観られたGW。

よし、としよう。