ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、クオードの森の野鳥。

貴重な平日お休み&プチ機動力。

 

さらに、昨日の豪雨がウソのような天候に恵まれ。

 

ぢゃ、行きますワな。思い切って。

 

かねてから行ってみたいと思いつつ、

電車でGO!にはキツいだろう、クオードの森へ!!

 

遠かった…。

 

行き4時間30分、帰り4時間。

何やってんだろ…。

 

苦労した甲斐があって、今年の目標の1つ達成!!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170622192202j:plain

 

ボケてますねぇ~!

キレてますねぇ~!

ド素人丸出しですねぇ~!!

ハッハハハハ~!!!!

これでもマシな証拠写真です。

 

現地に着いたのが、お昼近く。朝早く出発したのに。

一頻り歩いたものの、キビタキホトトギス・ウグイスなどの声のみ。

 

オット「あぁ~、ダメなやつだな、こりゃ…。帰るかナ…。」

 

サンコウチョウ「チョイと、待って~~~ィ、ホィホィホィ!」

 

月と星と日に、一気に照らされました。

 

コレがオットとサンコウチョウの初対面。

恥ずかしい話、興奮しすぎて呼吸困難になり、

カメラのファインダーの中にサンコウチョウをおさめられず。

 

自分でもビックリするくらいの興奮でした。

ジィちゃんも観たことないはずだから、隣で呼吸困難だったでしょう、きっと。

 

サービスで見えるところに出てきてくれてありがとう、サンコウチョウよ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170622192837j:plain

 

キセキレイ「さらに精進しろよ、ド素人!」

オット「今日は素直に言うこと聞くよ。アラ、やっぱりキミもキレイだね。」

 

だけどね、スーパースターに出会っても、時間をかけて遠征しても、

現地でシジュウカラを探している自分は、ケッコウ好きです。

 

 

プチ遠征探鳥、奥秩父の野鳥・渡良瀬の野鳥・北本公園の野鳥。

ヒョンなことから、わずかながら機動力を手にしまして。

活動範囲も、ジャッカン広がったワケです。

 

営巣・子育ての時期ということもあり、

「求愛だー。」「巣だー。」「ヒナだー。」

と野鳥の迷惑をかえりみず騒ぎ立てる、団塊写真家の悪行に心の中でツバを吐きつつ、

活動を自粛されている、真のバーダーさんをリスペクトし、

おとなしくしていました。

 

我慢できず、機動力試しで行ったのが奥秩父

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180049j:plain

 

キセキレイ「アタクシなんか序の口なんですよ。」

オット「序の口か…。十分満足できるカラーだよね。」

 

“走り”優先のお仲間と行ったので、趣味は後回しでした。

 

で、6/14本日、一人で日帰りバーダーツーリング。

 

まずは、ジィちゃんが好きだった渡良瀬遊水地へ。

 

そこには、東京と変わらぬ風景が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180549j:plain

 

スズメ「はるばるスズメ観に来たのか!?」

オット「それもあるよ。スズメ君、好きだよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180749j:plain

 

ホオジロ「ご褒美に一節囀ろうか?」

オット「あぁ、イッチョお願いしますよ。」

 

れいな声でやってくれました。

 

でも、カブせるように、ギョシギョシ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614180939j:plain

 

オオヨシキリ「夏の主役の登場だ~い!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181033j:plain

 

ヒバリ「アイツほっといていーよ。うっせーから。」

オット「あーたもかなり上空なのにうっせーよ。聞いててうれしいけどね。」

 

初・渡良瀬は、どこを歩いていいかわからず、マゴマゴしてしまった。

生きてるうちに連れてきてくれたらよかったのに…。

 

 

機動力を生かし、強引に北本公園へ。北本大好き。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181456j:plain

 

オオヨシキリ「い・ら・ッ・しゃ~・いッ!!!」

オット「ハハハ、夏全開だね!」

 

ジットリいこうかと思ったのですが、カラスがね…。

しょうがないですね、カラスも必死です。

 

途中、キビタキの声が聞こえて、ケッコウ立ち止まって待ちましたが、

お会いできず。

 

ガビチョウ・ウグイスの声でスッカリ癒されましたからオーケー。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614181920j:plain

 

オオヨシキリ「ギョシギョシぢゃ、ダメ…?」

オット「シジュウカラもウグイスも、食い気味でくるギョシ好きですよ!」

 

最後に、シジュウカラのおチビと思われるのが、おかしなことしてた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170614182148j:plain

 

翼を全開にして、木にこすり付けていた。

コレは何浴びなんだろうか?

 

えっらそーに講釈たれる団塊写真家、説明してくれ~!

 

 

久々の探鳥、高尾山の野鳥。それとグチ。

テンション、ダダ下がりです…。

 

原因はと言えば。

 

 

カラス。

そして、虫。

 

ブ~~~~ン、&、アァァァァァァ。

 

必要以上にデカいハチ(アブ?)がとにかく嫌い。

あと、目の前でホバリングしてから、目にダイブしてくるちっせーの。

 

井の頭公園のカラスには、顔を覚えられてしまったようで、

しょっちゅう威嚇飛行を食らう始末…。

 

ただでさえ新緑がメガ盛で、探すのに集中したいのに…。

 

ほぼ毎日、野鳥に会いに行ってますが、すぐに終了。

あぁぁぁぁぁぁぁ、どうしたらえぇのか…。

 

葛西臨海公園の管理人「ハチにあったらナ、」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601152610j:plain

 

葛西臨海公園の管理人「身を低くして、にらむッ!」

 

石神井公園の管理人「カラスに狙われたらナ、」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601152907j:plain

 

石神井公園の管理人「そそッと逃げる!」

 

オット「勉強になります…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153051j:plain

 

カワセミ「うまいモン食って、元気だせや。ほれッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153213j:plain

 

オット「キングフィッシャーよ、その看板、つり禁止って書いてあるんだぞ…。」

 

カラスから逃れるべく、やや山の方へ。狭山湖

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153452j:plain

 

スズメ「ま、あまりカラスばっかり気にするなよ。タカにやられんぞ。」

オット「君らそういう悩みもあるわな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153625j:plain

 

コゲラ「ヤバイと思ったら、穴に隠れるッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170601153812j:plain

 

オオヨシキリ「カラスよりデカい声で叫べ!ギョシギョシってな!」

 

さらに山の上なら、カラスも減るだろうってことで、

本日は、高尾山へ。

 

ウグイス・キビタキ・ガビチョウ・ホトトギス、大合唱!

鳴き声苦手なんですが、オオルリも囀っていたような…。

 

頭上高いところで、サンコウチョウ

粘りましたが、姿が見えず、この夏の目標の1つ達成ならず。

 

あ、なんだか楽しくなってきた!

 

気になるカラス&虫も、まったく問題なし。

いいぞ、高尾山!アイラブ、高尾山!

 

f:id:doshiroutobirder:20170601154544j:plain

 

キビタキ「コレ食べたら、さらに元気になるかもよ?」

オット「だから、虫嫌いだって…。」

 

姿見えずとも、美しい大合唱に心洗われ、

夏鳥夏鳥の楽しみ方を満喫したのでした。

 

 

GWの探鳥②、葛西臨海公園・井の頭公園・石神井公園・光が丘公園の野鳥。

5月5日、前日行ってみた見沼田んぼを断念し、

バードフェスティバルが行われている葛西臨海公園へ。

 

予想通り、各ブースにまったく興味を示さないムスメ。

センターの常設展示がお気に入りらしい。

 

めずらしく証拠写真係に立候補した。

カメラを手渡す。

 

まず東西渚の間へ。

本日のお目当て、カンムリカイツブリコアジサシを観る。

 

久々の写真係で、ムスメ調子が悪い。

たまらず、1枚撮らせてもらった。

ま、あんまりデキは変わらんけども。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051728j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051756j:plain

 

スズメ「おい、ムスメ、リハビリしろ!」

 

下の池へ行き、キビタキ探すが、何せヒトが多い…。

写真家が多いと、おしゃべりが多い…。

 

隙間をかき分け、ムスメ奮闘。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509051954j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052028j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052057j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052135j:plain

 

ムクドリ「おッ、やるジャン、ムスメ。」

ムスメ「まぁね。」

 

5月6日、オットは仕事。

早朝探鳥、井の頭公園。

 

世間様はまだまだGW。ヒト多いなぁ。

で、やはりおしゃべりが多い。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052400j:plain

 

白い眉があるので、マミチャジナイでいきます。

マミチャジナイです!い~や、マミチャジナイです。

 

マミチャジナイを観た!という事実が欲しいので…。

 

5m後ろで、アレ観たコレ観たで、ペチャクチャ。

ガストかドトールでやってくれ…。

 

やはり、マミチャジナイいなくなる…。

 

5月7日、ジィちゃんと探鳥、石神井公園と光が丘公園。

 

下からヒヨドリを撮ってみたが、こんなにきれいな模様なのは知らなかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509052830j:plain

 

ヒヨドリ「そんなトコ、撮んなよ!」

オット「失礼失礼、思わずね。」

 

野鳥の出が悪いせいか、20人くらいがカイツブリ宅を撮っていた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170509053004j:plain

 

カイツブリ「オォォ、コラッ、ウチん中まで撮んな!」

オット「プライバシーの侵害ってヤツだな。」

 

光が丘公園もレジャー&スポーツの方が多く、野鳥はほぼほぼ観られず。

 

全体的には、ヒトの多さの割りに、野鳥がよく観られたGW。

よし、としよう。

 

 

GWの探鳥①、石神井公園・小金井公園・見沼田んぼの野鳥。

5月3日、スタートは石神井公園

春の渡りシーズンに期待。

 

いつものオナガガモから。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152549j:plain

 

最近知ったが、コヤツ翼負傷で、飛べないらしい。

だからモチロン渡れない。

 

夏の暑さ、大丈夫だろうか…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152720j:plain

 

ワカケホンセイ「シンパイナラ、ゴハンクッダサ~イ。」

オット「ウチのベランダの若芽全部食っちゃっただろーが。」

 

大好きなカイツブリのワッカ付き。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152930j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170507153008j:plain

 

ゴイサギ「髪型など気にしちゃいられんワ!メシッ、メシッ!」

オット「の割りに慎重だな。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170507153144j:plain

 

ムクドリ「メシッ!メシッ~!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154146j:plain

 

ムクドリ「ゲ~~~トォッ!!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154253j:plain

 

シジュウカラ「春はテッペンで、ツーツーピーでしょうがッ!」

 

シジュウカラのようにテッペンにいたが、

離れちゃ戻り、戻っちゃ離れると、遊んでいるヤツもいた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154450j:plain

 

エナガ「チョイヤッ!チョイヤッ!どーだ、シジュウカラ!!」

オット「暑いから、疲れないようにね。」

 

午後の部、小金井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154701j:plain

 

ツグミ「い~ぃ季節だ。」

オット「おわッ!まだいらっしゃいましたか!!」

 

GWの公園をなめていた。正直。

国民全員が小金井公園にいるんじゃないかってほどの大混雑。

 

野鳥探しているコッチが場違いだ。

で、早々にテッシュー。

 

 

5月4日、翌日の下見ってことで、場所を探す。

前日のGWトラウマを払拭できず、8時くらいまで悩んだ。

 

まず、公園はダメだ。

あと、バーベキューできる河原もダメだ。

 

高層ビルに囲まれた摩天楼!?

そもそも、野鳥がいない。

 

ん!?

 

田んぼだ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

で、埼玉県見沼田んぼへ。

 

見沼田んぼ”という名で、首都圏のバーダーには有名ですが、

実際には、田んぼは残り少ないそうで、ほぼほぼ畑です。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155638j:plain

 

シジュウカラ「ようこそ、見沼田んぼへ!」

オット「キミ、田んぼ関係ないよね…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155742j:plain

 

コサギ「田んぼッ、どじょうッ!どッこッだぁ~!!」

 

土手沿い(?)を歩いていると、ムクグライダーに紛れて。

ん!?何か、違うのがいる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155904j:plain

 

ムクドリ「あ、気づいた?」

オット「どーも、どーも、初めまして。」

 

帰って画像を元に検索し、コムクドリのメスで落ち着いた。

誰が、何て言おうが、譲らん。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161110j:plain

 

見沼田んぼの管理人「誰も文句言わんよ。ってか、このブログ読まれてんのか?」

オット「…。」

 

背中の美しいカワラヒワが撮れた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161258j:plain

 

そしてまた、ジーザスクライストが光臨する。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161401j:plain

 

キジ「ケ、ケンッ…。」

 

オットを祝福するかのように、上空をチョウゲンボウが舞う。

ピントって何ってくらいボッケボケ。

 

少し進むと、さすが畑地帯、ヒバリが絶好調。

畑に舞い降りたヒバリを撮るも、遠すぎた。

 

双眼鏡でガッツリ観られたから、問題ないですがね。

 

まー、よぅ歩いた。

事前情報では、ケリなどもいたとのことだが、

後半戦は、まったく何も出会わず。

 

こんなくらいがド素人には、ちょうどいいでしょう。

 

次回は、GW後半戦を書きます。

 

 

…できるだけ、早く…。

 

 

ムスメと探鳥、埼玉の野鳥。

ムスメとオットは、バタフライにハマっています。

暇を見つけては、プールへ通い、上手なスイマーを盗み見、

練習を繰り返します。

トビのように優雅で、ツバメのように鋭く。

 

プールだと尺が余るので、チョッと鳥観をしました。

正直、期待はまったくしてませんでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204311j:plain

 

カルガモコガモののどかな風景。

いい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204400j:plain

 

ウ。近づいては飛び、近づいては飛ぶ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204514j:plain

 

スズメ「スズメ観て、撮って、楽しいか!?」

オット「コレがまた、楽しいんだよ、スズメよ。大好きなんだ、キミが。」

 

ギョシギシギョシ。

 

きた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

2日連チャンで、オオヨシキリ!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204800j:plain

 

その奥で何かが飛び立った。

 

ムスメ「オットォォォォォ!キジィィィィィィ!!!!!!!」

オット「ウソだぁ、カラスだべ?」

 

あ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205009j:plain

 

キジ「ケン!?」

 

ウソだろー。マジか!?

 

観る観る近寄ってくる。

チョッと待ってくれ。ヤバイ。

 

確かにキジは野鳥だが、動物園で観るモノと思っていた。

子供の頃から、そう思っていた。

または、地方の山間の“のどかな里”的なところにいると思っていた。

 

何たる感動、何たる衝撃!ジーザスクライスト!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205303j:plain

 

ああああああああああ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205346j:plain

 

オオヨシキリ「おいッ、コッチどうすんだよ、口開かねぇぞ!」

オット「うッせーな!どっちか迷ってんだよ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205517j:plain

 

キジ「ジャンジャカジャ~ン、本物です!」

ムスメ「きれ~、きれ~!!!!!!」

オット「夢だろうか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205645j:plain

 

カルガモ「いいの観たね!」

ムスメ&オット「カルガモさん、キミもいいよ!!!!」

 

ムスメの提案で、ココは秘密の場所となりました。

だからあえて、場所の公表は控えます。

写真家さんたちはご存知でしょうが。

 

我らド素人バーダーの、ささやかな秘密の場所です。

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、北本公園・葛西臨海公園の野鳥。

オオルリキビタキが観たい、ムスメのリクエストに応えるべく、

情報をかき集めて、下調べに行く。

 

オオルリは、終わってしまったか…。

 

まずは北本公園。

センターで準備をし、散策路へ。

 

本日の主人公。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055329j:plain

 

ギョシギシギシギョシ。

あれ!?何だっけ?

 

この口でわかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055541j:plain

 

オオヨシキリ「いらっしゃぁ~い!!」

オット「初めまして、になるんだっけか?」

 

まーよく鳴いてましたね。ずーっと。

着いて早々、満足しちゃった感じ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060249j:plain

 

コガモ「もっともっと満足させるよ~!!!」

オット「サンキュー、大丈夫、まだまだ観ていくよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060435j:plain

 

北本公園の番人「み~ど~こ~ろ~、まだまだ、あ~る~よ~。」

 

しばらくすると、本日の目的を忘れ、大好きなシジュウカラを追い始めた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060643j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060723j:plain

 

コイツは幼鳥だろうか、ややガサガサ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060842j:plain

 

すぐ近くで、囀らず見守る1羽。母だろうか。

何か胸に来るものがありました。

 

帰り際、オオヨシキリのステージのお隣で。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061210j:plain

 

ホオジロ「アイツのギョシギョシ、ハモりにくい!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061343j:plain

 

オオヨシキリホオジロ君、いくぞっ、せ~のっ、ギョシギシギョシ~!」

オット「メインボーカル、強すぎだよ…。」

 

自信は無いが、センダイムシクイの声も聞こえた気がします。

残念ながら、ご対面はありませんでした。

 

午後は、葛西臨海公園へ。

 

オット「あ、いけね。オオルリキビタキ、忘れてた…。」

移動の最中に思い出す。気を取り直して。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065204j:plain

 

キビタキ「…。」

オット「声しないから、わからなかったよ。」

 

同じ場所で30分立ち尽くした結果。

よし!葛西臨海公園には、ムスメを喜ばす野鳥がいる!

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065427j:plain

 

チュウシャクシギ「小鳥ばっかり追いかけんと、コッチもどう?」

オット「(たぶん)初めまして!上品な歩き方ですな!」

 

すぐ近くに小さな酔っ払いが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065812j:plain

 

コチドリ「ウィ~。ヒック。」

オット「その歩き方、オットも夜になるとできるよ!」

 

コチドリといえば。

先日、埼玉県の住宅地で、なぜかお会いした。

あれはなんだったんだろうか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070108j:plain

 

酔いすぎで迷ったのか、本来の習性の一部なのか。

 

海に出てみると、ベレー帽軍団がダイブでお食事中。

この軍団、ジィちゃん好きだったなぁ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070425j:plain

 

公園西側も歩いてみましたが、GW初日ということで、

家族連れが多く、特に野鳥との出会いはありませんでした。

 

どちらの公園も、GW終わったら、また行ってみよっと。