読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、水元公園・東京港野鳥公園の野鳥。

先日、春の陽気に誘われ、水元公園へプチ遠征。

ファーストコンタクトは、コゲラでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052116j:plain

 

コゲラ「せいやッ!せいやッ!せいやッ!!」

 

ドラミングで木屑が飛び散っている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052458j:plain

 

水元公園の管理人「は、はげしいナ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052602j:plain

 

シジュウカラ「やってみるか!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052725j:plain

 

アオゲラ「バカッ、やめとけ!ムチウチになるぞ!」

 

事前情報では、オオルリが来ているとか。

昨秋お世話になったキビタキにも期待してしまう。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052918j:plain

 

キビタキ「来てるよ~!」

オット「相変わらず、鮮やかなのどだね!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423053042j:plain

 

オオルリ「チラリ…。」

オット「おぉッ!黒いのどッ!青い背中ッ!!」

 

オオルリには、やはり“おっかけ”が多い。

 

オオルリ解説者「あ!いた!!左、左ッ!あ、動いたッ!!!!!」

 

声がデカすぎるよ…。

程なくオオルリは、姿を隠し、囀りだけの堪能となった。

 

声出ちゃうのわかるんですがね、どうしたものか…。

あの世代にマナーを期待しても仕方ないか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054111j:plain

 

ダイサギ「のどが白いのは、人気ないか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054211j:plain

 

シジュウカラ「コッチものど黒ッ!ほらッほらッ!」

オット「ハハハ、そうだったね。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054340j:plain

 

ハシブトガラス「ぜ、ぜんぶ黒…。」

 

売店で一杯やっつけて、雑木林に戻ると、

数人がバシャバシャやっている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054601j:plain

 

コレ、ド素人にはわからん…。

帰宅後、イロイロと検索し、クロジのメスで落ち着いた。

う~ん、ま、いっか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054750j:plain

 

シジュウカラ「あ~、あいつね。あいつは、難しいよ~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423055110j:plain

 

キビタキ「コレぐらいわかりやすくないと、ド素人には無理だね!」

オット「何言ってんだよ、オタクの奥さん難しいジャン。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061450j:plain

 

キビタキ「はて!?何のことやら?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061551j:plain

 

クロジ「あれ!?ウチのツレどこ行った?」

 

帰り際、別の林で、バズーカ群団が右往左往。

バキバキ、ドカドカ、林の中を踏み散らかしている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061832j:plain

 

キビタキ「あそこまでせんでも、撮らせたるわサ。」

 

あ、そうそう、ココへ来たら、カワセミもね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423062337j:plain

 

カワセミ「やらせ木の方が、写りいいでしょうがッ!」

オット「やらせ木の継ぎ目まで全部撮っちゃったから、ヤメとくわ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063233j:plain

 

水元公園の副管理人「大人になったの、おヌシ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063345j:plain

 

アオサギ「ハッ!やらされている!?」

 

思ったより早く終わってしまったので、

足を延ばして、東京港野鳥公園へ。

 

サンショウクイがいるとか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063659j:plain

 

スズメ「サンショウクイ!?」

スズメ「さんしょうくい!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063802j:plain

 

キンクロハジロサンショウクイ…。」

ダイサギ「さんしょうくい…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063926j:plain

 

ツグミサンショウクイですか…。」

オット「おぉ!まだいらっしゃいましたか!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423064200j:plain

 

コチドリサンショウクイ、どこだ~!ココかッ、ココかぁッ~!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423064343j:plain

 

ツグミ「ご入浴にはいらしてませんなぁ。」

 

この公園の難しさは、鳥の鳴き声とトラックの音が混ざること。

珍鳥かと足を止めると、100%物流な音で、ガックシ…。

 

そんなん、ド素人のオットだけでしょうがね。

 

 

ジィちゃんと探鳥、生田緑地の野鳥&ムスメと探鳥、石神井公園の野鳥。

先週のことなんですが、初めて生田緑地へ行ってみました。

いいですね。ちょっとアップダウンがキツいけど…。

 

鳴き声は四方八方から聞こえるものの、

どの野鳥も、姿をなかなか現してくれず。

新緑というものは、ド素人バーダーには厳しいのです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170419043828j:plain

 

ガビチョウ「ミータチモ、イキテイクノニ、ヒッシデ~ス!」

オット「そうだよね、今日はユーしか観られなかったよ…。」

 

外来種つながり、ワカケホンセイが観たいというムスメをつれて、

石神井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044113j:plain

 

シジュウカラ「ムスメさん、ようこそ石神井公園へ!ペコッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044532j:plain

 

オナガガモ「ま、二人ともゆっくりしてけよー。」

オット「おー、キミはまだゆっくりしてるんだな。」

 

ムスメ「オット!なんかいる!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044726j:plain

 

シロハラ「ココはいいとこだぞ!ゆっくりしてけ!!」

オット「キミもゆっくりな。」

 

その後ムスメは、念願のワカケホンセイを堪能。

ムスメ「思っていたよりも小さ~い!」

オット「え!?そう?あれよりデカいと気持ち悪くない!?」

 

池の周辺をウロウロしていると、コココココココココ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170419045135j:plain

 

アオゲラアオゲラのいいイエッ!!」

ムスメ「やっぱりアオゲラ、ムスメに会いに来たッ!!」

オット「ホント、キミはアオゲラと相性いいね。」

 

昨年夏、アオゲラとの出会いが、ムスメのバーダーデビュー。

その後各地で、ホントによく観られる。

 

オット一人のときは、あまりなのに…。

ムスメ、強ぇ…。

 

 

今朝は、いつも以上に早起きしてしまった。

窓の外で、シジュウカラが囀っている。

いてもたってもいられない。

 

さ、今日も早朝探鳥行きますかね!!!

 

 

 

まとめて探鳥、小金井公園・石神井公園の野鳥。

どうやらもうすぐお別れのツグミシロハラを追う。

小金井公園

 

f:id:doshiroutobirder:20170413212734j:plain

 

ツグミ「ハッ!?そなたは…。」

オット「ハハハ、また来ました。」

 

あたたかくなってきましたからね、もうすぐというワケでしょうね。

このウィンターシーズンはずいぶんとお世話になったので、

やはり、大好きな野鳥が観られなくなるのは寂しいものですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213022j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170413213058j:plain

 

ツグミ「日陰涼しいですぞ。」

シロハラ「木陰サイコーッ!」

オット「暖かいというより、暑いような…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213254j:plain

 

シロハラ「アレ、お前ぇさん、調子悪そうだな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213359j:plain

 

ツグミ「そう言われてみれば、様子が変ですねぇ。」

オット「おっ、ようやっとコッチ向いたね。」

 

ここで終了…。野鳥たちが心配してくれたように、

やはり高熱におかされていました。

 

これがちょうど1週間前のこと。

しばらく風邪に苦しめられました。

 

ちょっとよくなったので、石神井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213810j:plain

 

もみじをドラるコゲラ。すばらしい!絵になる!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213912j:plain

 

シメ「春にもみじ!?え?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214028j:plain

 

アオジ「さ、桜でなくて…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214127j:plain

 

シロハラ「ほっとけほっとけ、ソイツまだ熱あるんだよ、きっと。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214229j:plain

 

オナガガモ「熱さがれ~!バサッバサッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214338j:plain

 

ツグミ「さて、ワタシは何羽に見えますかな?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214450j:plain

 

アトリ「春のもみじだって、けっこういいんじゃな~い?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214557j:plain

 

キンクロハジロ「もみじ、桜、春!?秋!?ウロウロウロウロ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214810j:plain

 

カワセミ「花びら邪魔で、魚が見えんワ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214917j:plain

 

オナガ「花と野鳥って、こだわるヤツけっこういるからねー。」

 

病み上がりを気にしてくれているようで、

いつもより野鳥のおしゃべりが多く聞けた気がします。

 

花と野鳥の組み合わせ、オットも好きですよ。

主役の野鳥は、オットの場合、ポピュラーなのが多いですがね。

 

あ、いつも追っているのがポピュラー野鳥ばかりだからか。

 

写真家さんたちが踏み散らかすような野鳥が大好きです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413215349j:plain

 

 

 

ムスメと探鳥、大宮公園・秋ヶ瀬公園の野鳥。

以前からムスメがどうしても観たいというミコアイサ

会いに行きましょってことで、大宮公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053158j:plain

 

ツグミミコアイサですか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053244j:plain

 

ジョウビタキミコアイサねぇ…。」

オット「なぜみんな、目を合わせない…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053347j:plain

 

アトリ「あのお方は…。」

 

残念、いませんでした。

 

気を取り直して、レンジャク観に秋ヶ瀬公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053602j:plain

 

シメ「レンジャクだってよー。」

シメ「誰か見たー?」

シメ「写真撮るヤツラの方が多いよなー。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053750j:plain

 

秋ヶ瀬公園の管理人「レンジャク、見かけないねぇ。」

 

結果、お会いできませんでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053922j:plain

 

アオサギ「水の中、探してやろうか?」

 

レンジャクについて、あるブログを読んだ。

まったく同意見。

オットも写真家の愚行を嫌味ったらしく書くが、

この方のやり口は痛快だ。

 

秋ヶ瀬公園のレンジャク騒動 - たか爺のワンダースクール通信

 

 

探鳥マトメ、相模川・善福寺公園・井の頭公園・石神井公園の野鳥。

3月19日、高尾山で夜登山を試みる。

詳細は割愛するが、アレヤコレヤの面白ハイキング。

 

 

ムササビの甘えた鳴き声を聞き、満足満足。


こんな楽しみもあるんじゃね。

 

 

翌3月20日、相模川に連れて行っていただく。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175405j:plain

 


お出迎えはジョウビタキだった。ゼイタク。

 

 

川ッぺりを飛ぶサギを夢中で撮ってみた。


ピント、あまあま。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175610j:plain

 


程なく、ジョウビタキ(だんな)登場。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175719j:plain

 


ジョウビタキ「見ねぇ、ツラだな。」


オット「あぁ、初めて来たからな。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327175912j:plain

 


ツグミ「ホホホ、いらっしゃいましたか。」


オット「ウソだ~、東京でお会いする師匠の親戚でしょ!?」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180103j:plain

 


シメ「よく来ましたな。」


オット「ハッ!?シメさんが喝って言わない…。」

 

 

初めての土地で会う、いつもの野鳥は、どこか違和感がありつつ、


そこにいてくれているって感じが、ド素人にはうれしいワケで。


神奈川にも、ド素人がいそうなのがうれしかった。

 

 

3月23日、井の頭公園。


さわやかな、そして穏やかな朝日につつまれた早朝だった。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180601j:plain

 


ハクセキレイ「フッ、来たか。」


オット「朝日浴びるだけで、フッ、って。いつもいるじゃん。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327180803j:plain

 


ヒヨドリ「お早う、フッ。」


オット「え!?ヒヨさんも?」

 

 

朝は、心をきれいにします。

 

 

3月24日、善福寺公園の早朝探鳥。


すぐにジョウビタキも、ボケボケばかり。


観る専門のウォッチャーとしては、しっかり観ましたが。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181145j:plain

 


カルガモ「観るだけなら、どうぞー。」


オット「いつもありがとね。ホッとするよ、キミは。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181640j:plain

 


ツグミ「好きなだけ観ていくがいい…。」


オット「いつもふところ深いですな、師匠。」

 

 

 


3月25日、続けざまに善福寺公園

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327181921j:plain

 


カルガモ「どうする?撮る?特に何もできないけど。」


オット「十分だよ、そのリラックスっぷり。」


f:id:doshiroutobirder:20170327182116j:plain

 


オナガガモ「まだ、いるよー!」


オット「うんうん、できればずっ~っといて欲しいよ。」

 

 


3月27日、石神井公園


ヒヨドリがいい!ホント、実にいい!!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182349j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182601j:plain


メジロ「コッチもいろいろやるんだぜ!」


オット「知ってるよ、専用機なんだから。」

 

 

そろそろオサラバしそうな、ツグミシロハラ


信じられないくらいの数が、野球場の外野を守っていた。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327182931j:plain

 


f:id:doshiroutobirder:20170327183012j:plain

 


ツグミ「また冬になれば、来ますから。」

 

 

いつがお別れかを考えつつ、歩いていると、モズ登場。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183220j:plain

 


シジュウカラヒヨドリムクドリあたりを追い続けるド素人にとって、


モズはスーパースター。


飛ばさないように、逃がさないように、ジックリ観ました。

 

 

池に戻ると、水鳥たちが。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183442j:plain

 


キンクロハジロ「キンクロ艦隊、前へぇ~、進めぇ~!!」

 

 

池のほとりで、お食事中。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183630j:plain

 


f:id:doshiroutobirder:20170327183712j:plain

 


ムクドリ「あれ、ウメェかな?????」

 

 

三法寺池に行くと、カイツブリが縦横無尽。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327183914j:plain

 


カイツブリ「イヤッハ~ッ!!」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184024j:plain

 


ヒヨドリ「あいつ、ウルセェな。」


オット「たいがい、お前もナ。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184151j:plain

 


ゴイサギ「ウルセェな、魚いなくなっちゃったジャンか…。」

 

 

所定のスポットに行くと、ヒスイがいる。


このヒスイ撮りたがいがために、オットの近く1mにいたシジュウカラを、


木道ズッコズッコ足音鳴らして飛び立たせた、団塊のオッサンとともに。

 

オットが子供のころに読んだ本には、

“誰かが立ち止まったら止まってください。何かを探しています”

と書いてあった。オットはそのルールを守ってきた。

 

あ、そうか!

愛鳥家じゃなくて写真家で、団塊の世代だもんな…。

気を使えないのも無理はない。

そんな難しいこと求めちゃイカンわ。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170327184710j:plain

 

池の中洲に、サギがいた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194033j:plain

 

ダイサギ「お前、整髪料何使ってんの?」

コサギ「あぁ、ワックスっす。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194227j:plain

 

ゴイサギ「zzz…。」

ウ「おいっ、どうした?写されてんぞ、ポーズ決めろヨ!!」

 

しばらく歩くと、石神井公園もう1つの名物。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194455j:plain

 

アオゲラ「あら!?鳴いてないのに、みっかっちゃッた?」

オット「それだけ、フォルムと飛び方が派手だとね…。」

 

帰り道に、またアイツと。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194735j:plain

 

シロハラ「よぉ。」

オット「オメェさんもうすぐいなくなんのか?実感わかねぇな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327194917j:plain

 

シジュウカラ「俺はまだいるよッ!」

オット「1年中な。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170327195040j:plain

 

エナガ「また来年会えるよ!」

オット「そうだな、きっとそうだな。」

 

さてはて、ラストショット。

冬の名物、白鳥とウの競演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170327195233j:plain

 

 

早朝探鳥3連発、善福寺公園・井の頭公園の野鳥。

3月16日、善福寺公園

ココのところお会いしていなかったジョウビタキが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071809j:plain

 

池に向かうと、バンとオオバンの競演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071903j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071937j:plain

 

カルガモ「い~れ~て~、のキッカケが…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072032j:plain

 

ゴイサギ「俺も…。」

 

そんな水鳥を見ながら、ツグミが羽繕い。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072233j:plain

 

3月17日、井の頭公園。

ハシビロガモを観て、写してみたら、ブレブレ。

あせっていたら、背中から笑われた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072702j:plain

 

カイツブリ「ケケケケケケケケケケケケケケケッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072814j:plain

 

ソウシチョウ「なぁなぁ、アイツ下手だぜ。」

ソウシチョウ「ド素人だ、ハハハ、ド素人だ~!」

オット「そうだよ、コノヤロウ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072957j:plain

 

ツグミ「周りの声に惑わされるでないぞよ。」

オット「はっ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073108j:plain

 

朝日に照らされる水鳥は美しい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073154j:plain

 

3月17日、井の頭公園。

ウグイスの声に聞き惚れていたら、頭上に。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073417j:plain

 

アオジ「こうやって踏ん張ったら、あんなふうに囀れるかも。」

 

花と野鳥、この季節はただただ眺めるだけの時間が増える。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073605j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170319073637j:plain

 

オットはなぜか今夜、山登りをします。いや、させられます。

夜登山が流行っているとかで…。

 

どうせなら昼に登って、野鳥観たいのに。

夜の方が観られる野鳥多かったりして。

 

それはないな。

 

 

ここ数日まとめて。井の頭公園・秋川渓谷・善福寺公園・明治神宮・新宿御苑の野鳥。

またもや、長くなります。

 

3月10日、井の頭公園で早朝探鳥。

時間もなかったので、野鳥保護区のブラインドへ。

 

ウグイス!ラッキ~!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170315164359j:plain

 

3月11日、井の頭公園で早朝探鳥。

ウグイスが、ケキョりだした。

 

でも、まだまだ小手調べ程度。

 

ウグイス「ケコッ、キキョ、ホ~、ケッ」

 

思わずあの芸人さんを思い出した。

 

「おぅ、おっ、おさっ、おさむっ、おさむちゃんで~す!」

若いヒトにはわからんか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165048j:plain

 

ヒヨドリ「ウグイス!?どこっ?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165202j:plain

 

ウ「ほほぅ、ウグイスとな。春ですな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165337j:plain

 

カイツブリ「ウグイスねぇ…。アトリの方がおもしれぇよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165456j:plain

 

アトリ「ウグイスよ、このヒラリできるかっ?」

オット「だぶん、できるよ…。」

 

3月11日、秋川渓谷でムスメと探鳥。

 

ついて早々、アイツがくるりと輪を描いた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165645j:plain

 

何かを捕らえる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165731j:plain

 

あとで見に行ったら、バーベキュー客の捨てた肉だったっぽい。

それにしても、トビはきれいだ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165856j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170315165933j:plain

 

セグロセキレイ「チョッと、くるりと輪を描いてみるかな。」

 

3月13日、善福寺公園で早朝探鳥。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315170259j:plain

 

ツグミ「懲りもせず…。」

オット「ハハハ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315170414j:plain

 

カルガモ「メシの邪魔すんなよ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315170507j:plain

 

キンクロハジロ「早く仕事行けっ!」

オット「あ、あごで…。」

 

3月15日、ジィちゃんと探鳥、明治神宮新宿御苑

新宿御苑は、バードウォッチング初めて。

 

まずは明治神宮。お目当てはモチロン、ルリビタキ♂。

キョロキョロしてると、遠くからの視線を感じる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315170832j:plain

 

ノスリ「ルリだけが野鳥か!視野は広くないとイカンぜ!」

オット「その通りですね…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315171153j:plain

 

シロハラ「そうですよ、もう出てあげませんよ。」

オット「うそだぁ、キミ出たがりじゃん。」

 

御苑に入ると、いつもヤマガラが近寄ってくる。

観光客がくれるおやつ目当てだ。

そのオイシイおやつに魂を売ったヤツが、オットの足元に…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315171504j:plain

 

アオジ「え、えと、おこぼれでえぇんですが…。」

オット「アオジ、外国からの方々だけにしとけよ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315171645j:plain

 

ヤマガラ「まだまだ、愛嬌が足らんよ。」

 

寒さのせいか、ケキョらないウグイスを追った。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315171821j:plain

 

ウグイスに夢中、気づけば回りは、小鳥だらけ。

ヤマガラ、アトリ、アオジシジュウカラヒヨドリムクドリ

ま、ココだけは無法地帯ということで。

 

その5分後、ついに幸せがやってきた!

 

f:id:doshiroutobirder:20170315172104j:plain

 

ルリビタキ「ヘ~イ、幸せかっ~い!」

オット「はぁぁぁ、幸せの青い鳥だぁぁぁぁ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315172321j:plain

 

で、同時にカケスとアオゲラがいたんですがね…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315172441j:plain

 

アオゲラ「オメェ、完全に手ぇ抜いてんな!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315172525j:plain

 

カケス「もぅ、マジメにやれっ!」

オット「スイマセン、幸せ足りてないモンで…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315173113j:plain

 

ウグイス「こんなんやったら、興味わくぅ?」

オット「そんなんやらんでも。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315173330j:plain

 

ツグミ「今一度足元を…。」

オット「わかっております師匠、でもルリですからね…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315173453j:plain

 

ハシブトガラス「オメェ、頭蹴んゾ!」

オット「あ、3回目なんで、ムスメ曰く、死んじゃうかと…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315173657j:plain

 

ジョウビタキ「オトコ同士、グチりあいますか?」

オット「橙の旦那、かたじけない。橙と瑠璃か、日本酒になりますな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315173924j:plain

 

明治神宮の管理人「猫もケンカは喰わねぇよ~!」

 

9時30分、本日の目標ルリビタキを観て、1日が終わってしまった。

他の野鳥たちに怒られた手前、帰るわけに行かぬ。

近隣の新宿御苑に初挑戦。コレがまた、スッゲーよかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315174739j:plain

 

シメ「ケンカはダメッ!喝ッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315174850j:plain

 

ツグミ「ワタシが嗜めるまでもないですな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175006j:plain

 

コゲラ「野鳥と人間、仲良くやろ~よ。」

オット「そうだよね~、サンキュウ、ありがとね~!」

 

ほどなく、ルリビタキ♀。

後遺症がのこったか、ボケボケ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175229j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175305j:plain

 

シロハラ「大丈夫か!?戻って来いッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175413j:plain

 

シロハラツグミ師匠の粋な計らい2ショット。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175536j:plain

 

ヒヨドリ「う~ん、まだまだだねぇ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175720j:plain

 

すべての野鳥とおしどり夫婦になりたいモンです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170315175851j:plain

 

シメ&アトリ&ツグミ

 

f:id:doshiroutobirder:20170315180002j:plain

 

そしてラストショットは、ムクドリツグミ

鳥同士も仲良くね。