読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ムスメと探鳥、埼玉の野鳥。

ムスメとオットは、バタフライにハマっています。

暇を見つけては、プールへ通い、上手なスイマーを盗み見、

練習を繰り返します。

トビのように優雅で、ツバメのように鋭く。

 

プールだと尺が余るので、チョッと鳥観をしました。

正直、期待はまったくしてませんでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204311j:plain

 

カルガモコガモののどかな風景。

いい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204400j:plain

 

ウ。近づいては飛び、近づいては飛ぶ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204514j:plain

 

スズメ「スズメ観て、撮って、楽しいか!?」

オット「コレがまた、楽しいんだよ、スズメよ。大好きなんだ、キミが。」

 

ギョシギシギョシ。

 

きた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

2日連チャンで、オオヨシキリ!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204800j:plain

 

その奥で何かが飛び立った。

 

ムスメ「オットォォォォォ!キジィィィィィィ!!!!!!!」

オット「ウソだぁ、カラスだべ?」

 

あ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205009j:plain

 

キジ「ケン!?」

 

ウソだろー。マジか!?

 

観る観る近寄ってくる。

チョッと待ってくれ。ヤバイ。

 

確かにキジは野鳥だが、動物園で観るモノと思っていた。

子供の頃から、そう思っていた。

または、地方の山間の“のどかな里”的なところにいると思っていた。

 

何たる感動、何たる衝撃!ジーザスクライスト!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205303j:plain

 

ああああああああああ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205346j:plain

 

オオヨシキリ「おいッ、コッチどうすんだよ、口開かねぇぞ!」

オット「うッせーな!どっちか迷ってんだよ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205517j:plain

 

キジ「ジャンジャカジャ~ン、本物です!」

ムスメ「きれ~、きれ~!!!!!!」

オット「夢だろうか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205645j:plain

 

カルガモ「いいの観たね!」

ムスメ&オット「カルガモさん、キミもいいよ!!!!」

 

ムスメの提案で、ココは秘密の場所となりました。

だからあえて、場所の公表は控えます。

写真家さんたちはご存知でしょうが。

 

我らド素人バーダーの、ささやかな秘密の場所です。