読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、北本公園・葛西臨海公園の野鳥。

オオルリキビタキが観たい、ムスメのリクエストに応えるべく、

情報をかき集めて、下調べに行く。

 

オオルリは、終わってしまったか…。

 

まずは北本公園。

センターで準備をし、散策路へ。

 

本日の主人公。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055329j:plain

 

ギョシギシギシギョシ。

あれ!?何だっけ?

 

この口でわかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055541j:plain

 

オオヨシキリ「いらっしゃぁ~い!!」

オット「初めまして、になるんだっけか?」

 

まーよく鳴いてましたね。ずーっと。

着いて早々、満足しちゃった感じ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060249j:plain

 

コガモ「もっともっと満足させるよ~!!!」

オット「サンキュー、大丈夫、まだまだ観ていくよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060435j:plain

 

北本公園の番人「み~ど~こ~ろ~、まだまだ、あ~る~よ~。」

 

しばらくすると、本日の目的を忘れ、大好きなシジュウカラを追い始めた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060643j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060723j:plain

 

コイツは幼鳥だろうか、ややガサガサ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060842j:plain

 

すぐ近くで、囀らず見守る1羽。母だろうか。

何か胸に来るものがありました。

 

帰り際、オオヨシキリのステージのお隣で。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061210j:plain

 

ホオジロ「アイツのギョシギョシ、ハモりにくい!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061343j:plain

 

オオヨシキリホオジロ君、いくぞっ、せ~のっ、ギョシギシギョシ~!」

オット「メインボーカル、強すぎだよ…。」

 

自信は無いが、センダイムシクイの声も聞こえた気がします。

残念ながら、ご対面はありませんでした。

 

午後は、葛西臨海公園へ。

 

オット「あ、いけね。オオルリキビタキ、忘れてた…。」

移動の最中に思い出す。気を取り直して。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065204j:plain

 

キビタキ「…。」

オット「声しないから、わからなかったよ。」

 

同じ場所で30分立ち尽くした結果。

よし!葛西臨海公園には、ムスメを喜ばす野鳥がいる!

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065427j:plain

 

チュウシャクシギ「小鳥ばっかり追いかけんと、コッチもどう?」

オット「(たぶん)初めまして!上品な歩き方ですな!」

 

すぐ近くに小さな酔っ払いが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065812j:plain

 

コチドリ「ウィ~。ヒック。」

オット「その歩き方、オットも夜になるとできるよ!」

 

コチドリといえば。

先日、埼玉県の住宅地で、なぜかお会いした。

あれはなんだったんだろうか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070108j:plain

 

酔いすぎで迷ったのか、本来の習性の一部なのか。

 

海に出てみると、ベレー帽軍団がダイブでお食事中。

この軍団、ジィちゃん好きだったなぁ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070425j:plain

 

公園西側も歩いてみましたが、GW初日ということで、

家族連れが多く、特に野鳥との出会いはありませんでした。

 

どちらの公園も、GW終わったら、また行ってみよっと。