読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

まとめて探鳥、小金井公園・石神井公園の野鳥。

どうやらもうすぐお別れのツグミシロハラを追う。

小金井公園

 

f:id:doshiroutobirder:20170413212734j:plain

 

ツグミ「ハッ!?そなたは…。」

オット「ハハハ、また来ました。」

 

あたたかくなってきましたからね、もうすぐというワケでしょうね。

このウィンターシーズンはずいぶんとお世話になったので、

やはり、大好きな野鳥が観られなくなるのは寂しいものですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213022j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170413213058j:plain

 

ツグミ「日陰涼しいですぞ。」

シロハラ「木陰サイコーッ!」

オット「暖かいというより、暑いような…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213254j:plain

 

シロハラ「アレ、お前ぇさん、調子悪そうだな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213359j:plain

 

ツグミ「そう言われてみれば、様子が変ですねぇ。」

オット「おっ、ようやっとコッチ向いたね。」

 

ここで終了…。野鳥たちが心配してくれたように、

やはり高熱におかされていました。

 

これがちょうど1週間前のこと。

しばらく風邪に苦しめられました。

 

ちょっとよくなったので、石神井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213810j:plain

 

もみじをドラるコゲラ。すばらしい!絵になる!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213912j:plain

 

シメ「春にもみじ!?え?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214028j:plain

 

アオジ「さ、桜でなくて…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214127j:plain

 

シロハラ「ほっとけほっとけ、ソイツまだ熱あるんだよ、きっと。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214229j:plain

 

オナガガモ「熱さがれ~!バサッバサッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214338j:plain

 

ツグミ「さて、ワタシは何羽に見えますかな?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214450j:plain

 

アトリ「春のもみじだって、けっこういいんじゃな~い?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214557j:plain

 

キンクロハジロ「もみじ、桜、春!?秋!?ウロウロウロウロ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214810j:plain

 

カワセミ「花びら邪魔で、魚が見えんワ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214917j:plain

 

オナガ「花と野鳥って、こだわるヤツけっこういるからねー。」

 

病み上がりを気にしてくれているようで、

いつもより野鳥のおしゃべりが多く聞けた気がします。

 

花と野鳥の組み合わせ、オットも好きですよ。

主役の野鳥は、オットの場合、ポピュラーなのが多いですがね。

 

あ、いつも追っているのがポピュラー野鳥ばかりだからか。

 

写真家さんたちが踏み散らかすような野鳥が大好きです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413215349j:plain