読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

早朝探鳥3連発、善福寺公園・井の頭公園の野鳥。

3月16日、善福寺公園

ココのところお会いしていなかったジョウビタキが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071809j:plain

 

池に向かうと、バンとオオバンの競演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071903j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170319071937j:plain

 

カルガモ「い~れ~て~、のキッカケが…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072032j:plain

 

ゴイサギ「俺も…。」

 

そんな水鳥を見ながら、ツグミが羽繕い。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072233j:plain

 

3月17日、井の頭公園。

ハシビロガモを観て、写してみたら、ブレブレ。

あせっていたら、背中から笑われた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072702j:plain

 

カイツブリ「ケケケケケケケケケケケケケケケッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072814j:plain

 

ソウシチョウ「なぁなぁ、アイツ下手だぜ。」

ソウシチョウ「ド素人だ、ハハハ、ド素人だ~!」

オット「そうだよ、コノヤロウ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319072957j:plain

 

ツグミ「周りの声に惑わされるでないぞよ。」

オット「はっ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073108j:plain

 

朝日に照らされる水鳥は美しい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073154j:plain

 

3月17日、井の頭公園。

ウグイスの声に聞き惚れていたら、頭上に。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073417j:plain

 

アオジ「こうやって踏ん張ったら、あんなふうに囀れるかも。」

 

花と野鳥、この季節はただただ眺めるだけの時間が増える。

 

f:id:doshiroutobirder:20170319073605j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170319073637j:plain

 

オットはなぜか今夜、山登りをします。いや、させられます。

夜登山が流行っているとかで…。

 

どうせなら昼に登って、野鳥観たいのに。

夜の方が観られる野鳥多かったりして。

 

それはないな。