読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

早朝探鳥、善福寺公園の野鳥3連発 と ジィちゃんと探鳥、石神井公園・武蔵関公園・小金井公園・野川公園の野鳥。

数日分のマトメ出し。長くなります。

 

月曜日~水曜日、善福寺公園の早朝探鳥3連発。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309220230j:plain

 

なんともユルリとした朝。サイコーです。

 

この日は、芝生にアオジがよく出てきてくれました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309220418j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170309220503j:plain

 

ハクセキレイ「カラーものに弱ぇから、モノクロ損するワ…。」

 

2日目。

たま~に観られるアイツが、木の枝に。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309220741j:plain

 

オット「動けるんだ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309220842j:plain

 

ツグミ「鳥は速いのだぞ!それっ、瞬間移動!!」

オット「撮影のウデが悪いだけでしょ…。」

 

3日目。この日は実に穏やかで爽やかな早朝だった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309221113j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170309221154j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170309221229j:plain

 

ココ最近、春が近いせいか、シジュウカラが実にいい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309221329j:plain

 

シジュウカラ「出番かね、ついに出番かね!!」

オット「1年中、出番でしょうが。」

 

さてさて、3月9日、ジィちゃんと探鳥です。

 

まずは、石神井公園からスタート。

ノッケから宝石みっけ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309221633j:plain

 

同じ場所で、木の付け根のほこらっぽい場所にメジロが隠れる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309221749j:plain

 

ヒヨドリ「お~い、何かあったか~?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309221846j:plain

 

ツグミ「い、いったい何が…。」

 

場所を移してみる。

このウィンターシーズン大活躍のアトリ。

まだまだ絶好調のようです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309222033j:plain

 

アシハラのウグイスを追いかけ続ける。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309222137j:plain

 

すると目の前でカイツブリが大技を披露してくれた。

水面を走っている…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309222451j:plain

 

カイツブリ「ねぇ、こんなんデキる?ねぇ、デキる~?」

オット「高速連写できねぇデジカメで撮れる?ねぇ撮れる~?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309222703j:plain

 

シジュウカラ「どっちもスゲェ!」

 

移動、移動。お次は武蔵関公園

実に28年ぶりの訪問。

 

やはりコレがメインなんでしょうな、カワセミ

いつ観ても、美しい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309223020j:plain

 

正直、何も期待していなかったので、気を抜いていた。

まさかまさかの、ルリビタキ

 

何枚も撮ったけど、後で見たらブレブレ。

興奮してたんでしょう。

 

双眼鏡で観続けたから、少々後悔。もうチョッと撮ってればなぁ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309223413j:plain

 

続いて、小金井公園

 

f:id:doshiroutobirder:20170309223534j:plain

 

ツグミ「来られましたな。」

オット「相変わらず、凛々しい眉ですな。」

 

コチラも、アトリがいいですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309223710j:plain

 

アトリ「そ、そう!?」

 

コゲラも負けてない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309223814j:plain

 

いやいや、それ以上に、やはりシジュウカラがいい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224018j:plain

 

ジッとしていたら、足元30cmまで近づいたシジュウカラに観とれていると、

予期せぬ初めましてが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224217j:plain

 

クロジ「シジュウカラと間違えた?」

オット「カラーリングが全然違うでしょ。」

 

この公園最後に、いいのが撮れた。

やはりツグミはこの姿勢。凛としたたたずまいに魅了される。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224450j:plain

 

最後に野川公園

 

カラ群団のお出迎え。

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224606j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224644j:plain

 

野川公園の管理人「さ、パトロール、パトロール。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224755j:plain

 

野川公園の管理人「はァ~、いそがしいそがし。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309224904j:plain

 

モズ「やべぇ、逃げるか!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309225014j:plain

 

ハクセキレイ「ハァ~、あせって色変わってもうたワ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309225135j:plain

 

シジュウカラ「管理人さん、この通り、どうかお許しを。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309225305j:plain

 

コサギ「ビ、ビビッて逆立ったワケじぇねぇし、別に…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170309225411j:plain

 

モズ「逃げ切ったったワ…、たぶん。」

 

 

今日も大満足の探鳥でした。