読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ジィちゃんと探鳥、葛西臨海公園・谷津干潟の野鳥。

貴重な平日のお休み。

ジィちゃん連れて、野鳥を探す。

 

「タカ」やりたい、ただ今、ムスメは研究中。

そんなムスメの期待に答えるべく、湾岸へ向かった。

あくまで、下見。あくまでね。

 

まずは、葛西臨海公園へ。

 

渚へ向かう前に、行ったことのない西側方面へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216180710j:plain

 

ムクドリ「へっ、来なすったな!」

オット「へっ、やっとピント合いやがったな!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216180902j:plain

 

ツグミ「いらっしゃったのはうれしいのですが、ワタクシが1番じゃ…。」

オット「こっち向かないからでしょ!大好きですよ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181046j:plain

 

食べ物屋さんとか、船とか、平日だからお休みでしたが、

カモも、ややお休み気味でした。

人が少ないので、安心しきっているのでしょう。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181254j:plain

 

ジョウビタキ「来たのねっ!探すのね、観るのねっ!」

オット「じっくり探させていただきますよ!」

 

特に何の収穫もなく、渚を後にし、池へ向かってみると、

ご夫婦が、同じ場所をグルグル回っていた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181608j:plain

 

ハシビロガモ「好きでやってんだ、そんなに観んな!」

 

林道を歩くと、いつもの緑が近づいてきた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216181819j:plain

 

オットの中古デジカメは、メジロを写すためだけの専用機か…。

なぜにメジロはこんなに上手くいくんだ!?

 

さらに歩き続けると、茂みの中でまったく動かないシロハラ

撮ってみる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182025j:plain

 

コヤツ、片足か…。上手いこと長生きしてくれな…。

 

すれ違う女性から、ウミアイサがいたとの情報(一方通行)。

お礼を言って、現場へ急行。

いた野鳥すべて双眼鏡で覗いてみたが、

それらしきモノがコレ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182719j:plain

 

え、えと、ハジロカイツブリいいのではないかと…。

 

すると、目の前でチョロチョロリ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216182844j:plain

 

イソシギ「何気に、いるわけさ。」

オット「あらら、どなたかわからずスマンね。シギチ苦手なんだ…。」

 

木道に戻り、グェッグェッと騒ぐオナガを追い続けていると、

池に続く通路に、フラリとあの娘が現れた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216183247j:plain

 

ジョウビタキも好きだが、ルリビタキも好きだな。

うん、ヒタキが好きだ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216183408j:plain

 

アオサギ「ちーせーと、かわいく見えるわなー。」

オット「でーじょーぶだよ、デケーのも好きだよー。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184348j:plain

 

ツグミ「ワ、ワタクシは…。」

オット「だから、好きだって。」

 

シロハラとの出会いが多い割りに相性が悪いオットだが、

ようやくアカハラが目の前に現れてくれた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184616j:plain

 

赤い腹ド~ンも撮れたんだけど、そっぽ向かれた…。

 

帰り道、ステキな競演が。

愛するツグミトラツグミツグミーズだ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170216184806j:plain

 

と思ったら、日陰と日向で、こうなっちゃった…。

ハハハ、ド素人…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192017j:plain

 

トラツグミ「へっ、アッシのせいですか?」

オット「い~や、コチラのウデですよ。会いにきてくれてありがとう。」

 

 

そして、谷津干潟へ向かう。

約35年ぶりの訪問。面影も何もない。

っていうか、憶えてない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192546j:plain

 

でも、そこには今も変わらず、水鳥の楽園があった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192658j:plain

 

にしても、オオバン多すぎじゃね…。

 

自然観察園の門のところで、カラ群団&メジロコゲラ&アトリに囲まれる。

 

特にコゲラが頭上で、ギーギー撮れとうるさい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216192859j:plain

 

カゴの中のアトリ、いやフェンス越しのアトリ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193005j:plain

 

ようやっと接写できたエナガ。接写は嫌いだが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193106j:plain

 

エナガ「10年早いわっ!!」

オット「承知しておりますっ!」

 

そっぽ向かれた…。

 

そして、本日最後の1枚。

やはり、オットの中古デジカメは、緑専用機だった…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170216193253j:plain

 

あれ!?干潟のシギチは…!?

 ん!?ムスメのためのタカは…!?

 

ハハハハハ…。