読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ムスメと探鳥、手賀沼。ジィちゃんと探鳥、水元公園。

この週末の目標は、白と青と赤と橙と紅。

 

2月4日、ムスメと探鳥、手賀沼

 

オット、バスを間違え、大幅に時間をロスする…。

いやな顔ひとつしないムスメ。

 

成長したな、ムスメよ。そして…スマン。

 

公園を抜ける途中、ムスメがトイレに入ったその時。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201141j:plain

 

あせって、ボケた…。

メスだけど、目標1つ達成!

 

手賀沼へ出て、白を探す。

 

手賀沼は、ド素人には、あまりにもデカい敵であった…。

結局、白は見つからず。

かろうじて、メスらしき2羽を遠くに確認。

 

うん、目標2つ達成。

 

目の前で、ミサゴがホバリングしていた。

その直後、水面から魚をズザザッ!

 

遠くの杭の上で、食べていました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201549j:plain

 

中古のカメラセットで、ムスメが奮闘。

この写真、オットかなり好きです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201737j:plain

 

2月5日、ジィちゃんと探鳥、水元公園

 

ついて早々、職員さんに、ウソを教えていただく。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202026j:plain

 

ウソ「ようやく会えましたな。」

オット「時間かかりましたな。」

 

カワセミの里前で、みなさん奮闘中。

15m先の人工止まり木に止まるのを待っているらしいが、

彼らの後ろ5mに止まっていたカワセミを失礼した。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202329j:plain

 

川沿いを歩くと、スズメ。

初めてまともに(ある程度)撮れて、満足。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202452j:plain

 

丘に登ってメシ中のカモたち。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202559j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170205202634j:plain

 

ヒドリガモ「あ、あいつら、正気か…。」

 

アシ原には、シジュウカラ

この止まり方は、かなり好みです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202813j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170205202846j:plain

 

ツグミ「今日は、出番なしですかな…。」

オット「そんなことないですよ。ささ、早くこちらを向いて。」

 

サンクチュアリを抜けると、美しい光景が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203039j:plain

 

帰り道で出会ったモズ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203151j:plain

 

モズ「何か調子よさそうね~今日は。」

 

カワラヒワを撮ったのは、小学生以来じゃないだろうか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203310j:plain

 

水辺に戻ると、アオサギコサギの共演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203420j:plain

 

ザ・サギーズ「ハイッ、集中、集中~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203643j:plain

 

ツグミ「ハッ、ハイッ!」

 

こんな1日の帰り際、サプライズが!

 

f:id:doshiroutobirder:20170205204001j:plain

 

ミソサザイ「おい、ついでに撮ってけよ。」

オット「ご馳走様です!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170205204118j:plain

 

公園のヌシ「よぉ、ウソどこ行ったよ?」

 

まだまだ、書ききれなかった野鳥テンコモリ。

 

ホンッとに、ご馳走様でした!

 

目標達成ならなかった、紅は来週に持ち越します。