読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ムスメと探鳥、北本自然観察公園の野鳥。

1月29日(日)、ムスメと探鳥です。

 

ムスメのビギナーズラック頼み。

そのチカラは、健在でした。

 

ついて早々、アトリ・アオジホオジロ・他々囲まれるも、

ジョウビタキが、近づいてくる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131200331j:plain

 

ジョウビタキ「今日は、ムスメもいるようですね。」

オット「いますわ。便宜頼みますよ。」

 

ウソを見たという21番方面へ向かい、

カラぶった後、自然観察センターへ。

 

剥製だの、写真だの、ムスメが目を輝かせていました。

 

昼ごはん食べて、本格的に探鳥開始。

 

ムスメ「オット!なんかいる!!」

オット「マジか!?あせるなよ。」

 

の、繰り返し。楽しいったらない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131200847j:plain

 

シロハラ「あ、見つかりましたか。オタクのムスメ、やりますな。」

 

今日の目標は、ベニマシコ。

2~3日前から観測された情報あり。

 

鳴き声は、それらしきモノありましたが、

姿は観られず。残念。

 

もう一つの、ムスメの目標。カケス。

一瞬色めき立ったが、

「え~、ドコドコ、カケス、ドコ~!」

おばさんの大声で、カケスてっしゅー。

ムスメ、うっすら涙。

 

慰めるように、セキレイ

 

f:id:doshiroutobirder:20170131201502j:plain

 

セグロセキレイ「すべて上手くいくとは、限らんのだよ。」

 

オットも、団塊世代の傍若無人は止められません…。

今に始まったことじゃないし…。

 

まだ、持ってる、ウチのムスメ。

ツグミアオジのツーショット。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131201757j:plain

 

人の群れから、あ、傍若無人の群れから離れると、ご褒美が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131202026j:plain

 

モズ「お~、撮っていいよ。」

 

その後、モズとムスメの間に入った団塊がカメラを構えると、

モズはさっさと逃げていきました。

 

モズに、拍手。

 

 

北本学習センターのスタッフ様、ムスメの野鳥ノート、

褒めてくださって、ありがとうございます!

かなり、勉強しているんです!

 

また、ムスメもオットも、大変勉強になる情報いただきまして、

本当にありがとうございます。

 

北本、ド素人にやさしい施設です。大好きです。

邪魔がいなければ…。

 

また来たいなぁ。