ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

GWの探鳥①、石神井公園・小金井公園・見沼田んぼの野鳥。

5月3日、スタートは石神井公園

春の渡りシーズンに期待。

 

いつものオナガガモから。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152549j:plain

 

最近知ったが、コヤツ翼負傷で、飛べないらしい。

だからモチロン渡れない。

 

夏の暑さ、大丈夫だろうか…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152720j:plain

 

ワカケホンセイ「シンパイナラ、ゴハンクッダサ~イ。」

オット「ウチのベランダの若芽全部食っちゃっただろーが。」

 

大好きなカイツブリのワッカ付き。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507152930j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170507153008j:plain

 

ゴイサギ「髪型など気にしちゃいられんワ!メシッ、メシッ!」

オット「の割りに慎重だな。」

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170507153144j:plain

 

ムクドリ「メシッ!メシッ~!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154146j:plain

 

ムクドリ「ゲ~~~トォッ!!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154253j:plain

 

シジュウカラ「春はテッペンで、ツーツーピーでしょうがッ!」

 

シジュウカラのようにテッペンにいたが、

離れちゃ戻り、戻っちゃ離れると、遊んでいるヤツもいた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154450j:plain

 

エナガ「チョイヤッ!チョイヤッ!どーだ、シジュウカラ!!」

オット「暑いから、疲れないようにね。」

 

午後の部、小金井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507154701j:plain

 

ツグミ「い~ぃ季節だ。」

オット「おわッ!まだいらっしゃいましたか!!」

 

GWの公園をなめていた。正直。

国民全員が小金井公園にいるんじゃないかってほどの大混雑。

 

野鳥探しているコッチが場違いだ。

で、早々にテッシュー。

 

 

5月4日、翌日の下見ってことで、場所を探す。

前日のGWトラウマを払拭できず、8時くらいまで悩んだ。

 

まず、公園はダメだ。

あと、バーベキューできる河原もダメだ。

 

高層ビルに囲まれた摩天楼!?

そもそも、野鳥がいない。

 

ん!?

 

田んぼだ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

で、埼玉県見沼田んぼへ。

 

見沼田んぼ”という名で、首都圏のバーダーには有名ですが、

実際には、田んぼは残り少ないそうで、ほぼほぼ畑です。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155638j:plain

 

シジュウカラ「ようこそ、見沼田んぼへ!」

オット「キミ、田んぼ関係ないよね…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155742j:plain

 

コサギ「田んぼッ、どじょうッ!どッこッだぁ~!!」

 

土手沿い(?)を歩いていると、ムクグライダーに紛れて。

ん!?何か、違うのがいる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507155904j:plain

 

ムクドリ「あ、気づいた?」

オット「どーも、どーも、初めまして。」

 

帰って画像を元に検索し、コムクドリのメスで落ち着いた。

誰が、何て言おうが、譲らん。

 

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161110j:plain

 

見沼田んぼの管理人「誰も文句言わんよ。ってか、このブログ読まれてんのか?」

オット「…。」

 

背中の美しいカワラヒワが撮れた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161258j:plain

 

そしてまた、ジーザスクライストが光臨する。

 

f:id:doshiroutobirder:20170507161401j:plain

 

キジ「ケ、ケンッ…。」

 

オットを祝福するかのように、上空をチョウゲンボウが舞う。

ピントって何ってくらいボッケボケ。

 

少し進むと、さすが畑地帯、ヒバリが絶好調。

畑に舞い降りたヒバリを撮るも、遠すぎた。

 

双眼鏡でガッツリ観られたから、問題ないですがね。

 

まー、よぅ歩いた。

事前情報では、ケリなどもいたとのことだが、

後半戦は、まったく何も出会わず。

 

こんなくらいがド素人には、ちょうどいいでしょう。

 

次回は、GW後半戦を書きます。

 

 

…できるだけ、早く…。

 

 

ムスメと探鳥、埼玉の野鳥。

ムスメとオットは、バタフライにハマっています。

暇を見つけては、プールへ通い、上手なスイマーを盗み見、

練習を繰り返します。

トビのように優雅で、ツバメのように鋭く。

 

プールだと尺が余るので、チョッと鳥観をしました。

正直、期待はまったくしてませんでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204311j:plain

 

カルガモコガモののどかな風景。

いい。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204400j:plain

 

ウ。近づいては飛び、近づいては飛ぶ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204514j:plain

 

スズメ「スズメ観て、撮って、楽しいか!?」

オット「コレがまた、楽しいんだよ、スズメよ。大好きなんだ、キミが。」

 

ギョシギシギョシ。

 

きた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

2日連チャンで、オオヨシキリ!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502204800j:plain

 

その奥で何かが飛び立った。

 

ムスメ「オットォォォォォ!キジィィィィィィ!!!!!!!」

オット「ウソだぁ、カラスだべ?」

 

あ…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205009j:plain

 

キジ「ケン!?」

 

ウソだろー。マジか!?

 

観る観る近寄ってくる。

チョッと待ってくれ。ヤバイ。

 

確かにキジは野鳥だが、動物園で観るモノと思っていた。

子供の頃から、そう思っていた。

または、地方の山間の“のどかな里”的なところにいると思っていた。

 

何たる感動、何たる衝撃!ジーザスクライスト!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205303j:plain

 

ああああああああああ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205346j:plain

 

オオヨシキリ「おいッ、コッチどうすんだよ、口開かねぇぞ!」

オット「うッせーな!どっちか迷ってんだよ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205517j:plain

 

キジ「ジャンジャカジャ~ン、本物です!」

ムスメ「きれ~、きれ~!!!!!!」

オット「夢だろうか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170502205645j:plain

 

カルガモ「いいの観たね!」

ムスメ&オット「カルガモさん、キミもいいよ!!!!」

 

ムスメの提案で、ココは秘密の場所となりました。

だからあえて、場所の公表は控えます。

写真家さんたちはご存知でしょうが。

 

我らド素人バーダーの、ささやかな秘密の場所です。

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、北本公園・葛西臨海公園の野鳥。

オオルリキビタキが観たい、ムスメのリクエストに応えるべく、

情報をかき集めて、下調べに行く。

 

オオルリは、終わってしまったか…。

 

まずは北本公園。

センターで準備をし、散策路へ。

 

本日の主人公。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055329j:plain

 

ギョシギシギシギョシ。

あれ!?何だっけ?

 

この口でわかった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430055541j:plain

 

オオヨシキリ「いらっしゃぁ~い!!」

オット「初めまして、になるんだっけか?」

 

まーよく鳴いてましたね。ずーっと。

着いて早々、満足しちゃった感じ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060249j:plain

 

コガモ「もっともっと満足させるよ~!!!」

オット「サンキュー、大丈夫、まだまだ観ていくよ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060435j:plain

 

北本公園の番人「み~ど~こ~ろ~、まだまだ、あ~る~よ~。」

 

しばらくすると、本日の目的を忘れ、大好きなシジュウカラを追い始めた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060643j:plain

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060723j:plain

 

コイツは幼鳥だろうか、ややガサガサ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430060842j:plain

 

すぐ近くで、囀らず見守る1羽。母だろうか。

何か胸に来るものがありました。

 

帰り際、オオヨシキリのステージのお隣で。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061210j:plain

 

ホオジロ「アイツのギョシギョシ、ハモりにくい!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170430061343j:plain

 

オオヨシキリホオジロ君、いくぞっ、せ~のっ、ギョシギシギョシ~!」

オット「メインボーカル、強すぎだよ…。」

 

自信は無いが、センダイムシクイの声も聞こえた気がします。

残念ながら、ご対面はありませんでした。

 

午後は、葛西臨海公園へ。

 

オット「あ、いけね。オオルリキビタキ、忘れてた…。」

移動の最中に思い出す。気を取り直して。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065204j:plain

 

キビタキ「…。」

オット「声しないから、わからなかったよ。」

 

同じ場所で30分立ち尽くした結果。

よし!葛西臨海公園には、ムスメを喜ばす野鳥がいる!

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065427j:plain

 

チュウシャクシギ「小鳥ばっかり追いかけんと、コッチもどう?」

オット「(たぶん)初めまして!上品な歩き方ですな!」

 

すぐ近くに小さな酔っ払いが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430065812j:plain

 

コチドリ「ウィ~。ヒック。」

オット「その歩き方、オットも夜になるとできるよ!」

 

コチドリといえば。

先日、埼玉県の住宅地で、なぜかお会いした。

あれはなんだったんだろうか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070108j:plain

 

酔いすぎで迷ったのか、本来の習性の一部なのか。

 

海に出てみると、ベレー帽軍団がダイブでお食事中。

この軍団、ジィちゃん好きだったなぁ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170430070425j:plain

 

公園西側も歩いてみましたが、GW初日ということで、

家族連れが多く、特に野鳥との出会いはありませんでした。

 

どちらの公園も、GW終わったら、また行ってみよっと。

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、水元公園・東京港野鳥公園の野鳥。

先日、春の陽気に誘われ、水元公園へプチ遠征。

ファーストコンタクトは、コゲラでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052116j:plain

 

コゲラ「せいやッ!せいやッ!せいやッ!!」

 

ドラミングで木屑が飛び散っている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052458j:plain

 

水元公園の管理人「は、はげしいナ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052602j:plain

 

シジュウカラ「やってみるか!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052725j:plain

 

アオゲラ「バカッ、やめとけ!ムチウチになるぞ!」

 

事前情報では、オオルリが来ているとか。

昨秋お世話になったキビタキにも期待してしまう。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423052918j:plain

 

キビタキ「来てるよ~!」

オット「相変わらず、鮮やかなのどだね!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423053042j:plain

 

オオルリ「チラリ…。」

オット「おぉッ!黒いのどッ!青い背中ッ!!」

 

オオルリには、やはり“おっかけ”が多い。

 

オオルリ解説者「あ!いた!!左、左ッ!あ、動いたッ!!!!!」

 

声がデカすぎるよ…。

程なくオオルリは、姿を隠し、囀りだけの堪能となった。

 

声出ちゃうのわかるんですがね、どうしたものか…。

あの世代にマナーを期待しても仕方ないか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054111j:plain

 

ダイサギ「のどが白いのは、人気ないか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054211j:plain

 

シジュウカラ「コッチものど黒ッ!ほらッほらッ!」

オット「ハハハ、そうだったね。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054340j:plain

 

ハシブトガラス「ぜ、ぜんぶ黒…。」

 

売店で一杯やっつけて、雑木林に戻ると、

数人がバシャバシャやっている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054601j:plain

 

コレ、ド素人にはわからん…。

帰宅後、イロイロと検索し、クロジのメスで落ち着いた。

う~ん、ま、いっか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423054750j:plain

 

シジュウカラ「あ~、あいつね。あいつは、難しいよ~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423055110j:plain

 

キビタキ「コレぐらいわかりやすくないと、ド素人には無理だね!」

オット「何言ってんだよ、オタクの奥さん難しいジャン。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061450j:plain

 

キビタキ「はて!?何のことやら?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061551j:plain

 

クロジ「あれ!?ウチのツレどこ行った?」

 

帰り際、別の林で、バズーカ群団が右往左往。

バキバキ、ドカドカ、林の中を踏み散らかしている。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423061832j:plain

 

キビタキ「あそこまでせんでも、撮らせたるわサ。」

 

あ、そうそう、ココへ来たら、カワセミもね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423062337j:plain

 

カワセミ「やらせ木の方が、写りいいでしょうがッ!」

オット「やらせ木の継ぎ目まで全部撮っちゃったから、ヤメとくわ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063233j:plain

 

水元公園の副管理人「大人になったの、おヌシ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063345j:plain

 

アオサギ「ハッ!やらされている!?」

 

思ったより早く終わってしまったので、

足を延ばして、東京港野鳥公園へ。

 

サンショウクイがいるとか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063659j:plain

 

スズメ「サンショウクイ!?」

スズメ「さんしょうくい!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063802j:plain

 

キンクロハジロサンショウクイ…。」

ダイサギ「さんしょうくい…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423063926j:plain

 

ツグミサンショウクイですか…。」

オット「おぉ!まだいらっしゃいましたか!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423064200j:plain

 

コチドリサンショウクイ、どこだ~!ココかッ、ココかぁッ~!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170423064343j:plain

 

ツグミ「ご入浴にはいらしてませんなぁ。」

 

この公園の難しさは、鳥の鳴き声とトラックの音が混ざること。

珍鳥かと足を止めると、100%物流な音で、ガックシ…。

 

そんなん、ド素人のオットだけでしょうがね。

 

 

ジィちゃんと探鳥、生田緑地の野鳥&ムスメと探鳥、石神井公園の野鳥。

先週のことなんですが、初めて生田緑地へ行ってみました。

いいですね。ちょっとアップダウンがキツいけど…。

 

鳴き声は四方八方から聞こえるものの、

どの野鳥も、姿をなかなか現してくれず。

新緑というものは、ド素人バーダーには厳しいのです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170419043828j:plain

 

ガビチョウ「ミータチモ、イキテイクノニ、ヒッシデ~ス!」

オット「そうだよね、今日はユーしか観られなかったよ…。」

 

外来種つながり、ワカケホンセイが観たいというムスメをつれて、

石神井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044113j:plain

 

シジュウカラ「ムスメさん、ようこそ石神井公園へ!ペコッ!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044532j:plain

 

オナガガモ「ま、二人ともゆっくりしてけよー。」

オット「おー、キミはまだゆっくりしてるんだな。」

 

ムスメ「オット!なんかいる!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170419044726j:plain

 

シロハラ「ココはいいとこだぞ!ゆっくりしてけ!!」

オット「キミもゆっくりな。」

 

その後ムスメは、念願のワカケホンセイを堪能。

ムスメ「思っていたよりも小さ~い!」

オット「え!?そう?あれよりデカいと気持ち悪くない!?」

 

池の周辺をウロウロしていると、コココココココココ!

 

f:id:doshiroutobirder:20170419045135j:plain

 

アオゲラアオゲラのいいイエッ!!」

ムスメ「やっぱりアオゲラ、ムスメに会いに来たッ!!」

オット「ホント、キミはアオゲラと相性いいね。」

 

昨年夏、アオゲラとの出会いが、ムスメのバーダーデビュー。

その後各地で、ホントによく観られる。

 

オット一人のときは、あまりなのに…。

ムスメ、強ぇ…。

 

 

今朝は、いつも以上に早起きしてしまった。

窓の外で、シジュウカラが囀っている。

いてもたってもいられない。

 

さ、今日も早朝探鳥行きますかね!!!

 

 

 

まとめて探鳥、小金井公園・石神井公園の野鳥。

どうやらもうすぐお別れのツグミシロハラを追う。

小金井公園

 

f:id:doshiroutobirder:20170413212734j:plain

 

ツグミ「ハッ!?そなたは…。」

オット「ハハハ、また来ました。」

 

あたたかくなってきましたからね、もうすぐというワケでしょうね。

このウィンターシーズンはずいぶんとお世話になったので、

やはり、大好きな野鳥が観られなくなるのは寂しいものですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213022j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170413213058j:plain

 

ツグミ「日陰涼しいですぞ。」

シロハラ「木陰サイコーッ!」

オット「暖かいというより、暑いような…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213254j:plain

 

シロハラ「アレ、お前ぇさん、調子悪そうだな。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213359j:plain

 

ツグミ「そう言われてみれば、様子が変ですねぇ。」

オット「おっ、ようやっとコッチ向いたね。」

 

ここで終了…。野鳥たちが心配してくれたように、

やはり高熱におかされていました。

 

これがちょうど1週間前のこと。

しばらく風邪に苦しめられました。

 

ちょっとよくなったので、石神井公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213810j:plain

 

もみじをドラるコゲラ。すばらしい!絵になる!!

 

f:id:doshiroutobirder:20170413213912j:plain

 

シメ「春にもみじ!?え?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214028j:plain

 

アオジ「さ、桜でなくて…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214127j:plain

 

シロハラ「ほっとけほっとけ、ソイツまだ熱あるんだよ、きっと。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214229j:plain

 

オナガガモ「熱さがれ~!バサッバサッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214338j:plain

 

ツグミ「さて、ワタシは何羽に見えますかな?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214450j:plain

 

アトリ「春のもみじだって、けっこういいんじゃな~い?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214557j:plain

 

キンクロハジロ「もみじ、桜、春!?秋!?ウロウロウロウロ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214810j:plain

 

カワセミ「花びら邪魔で、魚が見えんワ…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170413214917j:plain

 

オナガ「花と野鳥って、こだわるヤツけっこういるからねー。」

 

病み上がりを気にしてくれているようで、

いつもより野鳥のおしゃべりが多く聞けた気がします。

 

花と野鳥の組み合わせ、オットも好きですよ。

主役の野鳥は、オットの場合、ポピュラーなのが多いですがね。

 

あ、いつも追っているのがポピュラー野鳥ばかりだからか。

 

写真家さんたちが踏み散らかすような野鳥が大好きです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170413215349j:plain

 

 

 

ムスメと探鳥、大宮公園・秋ヶ瀬公園の野鳥。

以前からムスメがどうしても観たいというミコアイサ

会いに行きましょってことで、大宮公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053158j:plain

 

ツグミミコアイサですか…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053244j:plain

 

ジョウビタキミコアイサねぇ…。」

オット「なぜみんな、目を合わせない…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053347j:plain

 

アトリ「あのお方は…。」

 

残念、いませんでした。

 

気を取り直して、レンジャク観に秋ヶ瀬公園へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053602j:plain

 

シメ「レンジャクだってよー。」

シメ「誰か見たー?」

シメ「写真撮るヤツラの方が多いよなー。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053750j:plain

 

秋ヶ瀬公園の管理人「レンジャク、見かけないねぇ。」

 

結果、お会いできませんでした。

 

f:id:doshiroutobirder:20170330053922j:plain

 

アオサギ「水の中、探してやろうか?」

 

レンジャクについて、あるブログを読んだ。

まったく同意見。

オットも写真家の愚行を嫌味ったらしく書くが、

この方のやり口は痛快だ。

 

秋ヶ瀬公園のレンジャク騒動 - たか爺のワンダースクール通信