読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスメとオットとジィちゃんと。

デビューのムスメ、復帰のオット(父)、イーグルアイのジィちゃん、3人がつむぐド素人野鳥物語。

ムスメと探鳥、水元公園の野鳥。

強風の中、ムスメと水元公園へ。

 

モズが出迎えてくれました。

モズは、割と1日中観られましたね。

 

ブラインドでは、先週と同じ場所にホシゴイが。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052144j:plain

 

オット「ホシゴイがいるな。」

ムスメ「あ、ホントだ。写真撮っていい?」

ホシゴイ「お静かに願います…。zzz。」

 

カワセミの里で、フォトコンテストに投票する。

ポストカード、もらえるといいなぁ。

 

その後、ムスメはカイツブリと格闘。

いや、強風と格闘、ようやく1枚撮れる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052534j:plain

 

1日中、ウソとベニマシコに期待をしていましたが、

野鳥も我々も、強風には勝てず。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213052710j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170213052745j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170213052822j:plain

 

ムスメ「サギはあまり動かないから、こんな日はサギに限るね!」

オット「どらどら、オットも1枚撮らしておくれ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213053020j:plain

 

サギを追い続けたら、サービスしてくれた。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213054953j:plain

 

そして本日の大収穫。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055103j:plain

 

ムスメもオットも、タシギは初対面。

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055220j:plain

 

ツグミ「ムスメさん、よかったですな。」

 

帰り道、ムスメ「あ、いいこと思いついた!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055400j:plain

 

アオサギ正面から。

 

ムスメ&オット「ほっ、細っ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170213055530j:plain

 

アオサギ「スリムと言ってくれたまえ!」

 

 

強風にやられた1日、2人は水元公園リベンジを誓って、

終了となりました。

 

 

 

 

ジィちゃんと探鳥、浮間公園~見沼田んぼ~彩湖の野鳥。

まずは、浮間公園。

海からは程遠い、東京というよりもむしろ埼玉。

 

毎回、出迎えてくれるのは、コヤツら。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193043j:plain

 

ユリカモメ「よッス!また来たのか!」

オット「お前ら、海に帰る気、ゼロだな…。」

 

天気もよかったし、野鳥たちも心なしかのんびりしている様子。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193315j:plain

 

昨年、ルリビタキに初めて会った公園、

何か期待してしまうんだが…。

 

期待していたポイントへつくと、

エサやりのオジサンが絶好調。

 

周囲には、ユリカモメ・ムクドリ・スズメ・カラスがガッツリ。

 

公園のフェンスには、「ハトにエサをやらないでください。」。

オジサンは、ハトを蹴散らしていた。

 

う~ん、確かにね、ハトじゃないよね…。

 

エサを待つ、おびただしい4種類の野鳥たち。

か、かえろうかな…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193745j:plain

 

ヒヨドリ「ついてないのぅ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193902j:plain

 

スズメ「ついてないね…、ハハッ。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211193952j:plain

 

シメ「運も実力のウチッ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194052j:plain

 

オナガガモ「俺らいるうちに、また来いよ、zzz。」

 

 

気を取り直して、見沼田んぼへ移動。

初めての訪問。

 

道に迷う…。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194326j:plain

 

モズ「メインのトコから、ずれてるんだけどなぁ…。」

 

なんか紛れ込んだ歴史風俗館的な場所で、スズメを。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194527j:plain

 

藁葺きの屋根にスズメって、いいですね。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211194624j:plain

 

モズ「次も行くんだろ、ココあきらめな。」

オット「おっしゃる通りです…。」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195331j:plain

 

コゲラ「そーだ、そーだ!」

オット「こ、後頭部、オレンジだったの…!?」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195457j:plain

 

ジョウビタキ「残念だこと…。」

 

 

さらにさらに気を取り直して、彩湖へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195636j:plain

 

ジョウビタキ「来たわね。」

オット「ハッ!こっちでもジョビ子!!」

 

まぁ、運が悪いことに、コチラでも散々…。

タイミングの問題かなぁ。

ポカポカ陽気のお散歩を堪能しました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170211195845j:plain

 

彩湖の管理人「眼を背けるな!ウデじゃ!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170211200141j:plain

 

ツグミ「探鳥の道は、険しいですな。」

オット「精進します。」

 

「ムスメと探鳥」の下見だったんだけど、

手賀沼同様、見沼田んぼも彩湖もサイズがでかい…。

 

明日は、コンパクトな公園にしようと思います。

 

 

早朝探鳥、井の頭公園の野鳥。

2月7日、井の頭公園、弁天橋付近へ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052113j:plain

 

シロハラ「あら、また来た。」

オット「キミ、トイレの近くが好きだねぇ。」

 

橋の上で、カモを探す。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052303j:plain

 

この白黒のコントラストは、たまりませんね。

もうすぐ、いなくなってしまうんだよなぁ…。

 

2月8日、井の頭公園。

玉川上水沿いを、初めて歩いてみる。

 

メインは、キジバトだった。

 

f:id:doshiroutobirder:20170210052606j:plain

 

鳴き声は、四方八方から聞こえてくるが、

何せ、高い木が多いから、首が疲れた…。

 

特に、カケスに翻弄され、けっこう歩きました。

 

結果、カケスは忍者のごとく逃げまくり、

遠くの木の上のほうで、チラッ見るだけでした。

 

2月9・10日は、雪の影響でお休み。

 

さて、11日はプチ遠征だ。

 

 

早朝探鳥、井の頭公園の野鳥。

出勤前、井の頭公園を選択。

時間も押し気味だったので、

あえて、期待ウスの小鳥の森、ブラインドに。

 

最近何だか、ポンプ修理依頼中だとかで、

水の循環が良くないらしく(!?)、

寄る度にあまり成果は期待できない。

 

予想通り、何も現れない。

ポンプだけのせいとは、思えないが…。

 

あきらめムードの中、コゲラが遠めに現れる。

 

ズー、ズー、ズー。

 

ヒーローになることもないこの野鳥、

ローテの谷間的に、とりあえず撮っておくかの、

カメラマンもいるような気がするレア度。

 

だけど、オットは好きですね。

誰がいようが、誰がいるまいが、

かまわず、コココココってやる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170206202623j:plain

 

何せ、かわいい、それに尽きる。

 

動画にもチャレンジしたが、頭痛くなりそうなデキ…。

 

ドラミングって、ヒーリング効果ありそうな気がする。

 

明日も、できたら会おうぜ!!

 

 

 

ムスメと探鳥、手賀沼。ジィちゃんと探鳥、水元公園。

この週末の目標は、白と青と赤と橙と紅。

 

2月4日、ムスメと探鳥、手賀沼

 

オット、バスを間違え、大幅に時間をロスする…。

いやな顔ひとつしないムスメ。

 

成長したな、ムスメよ。そして…スマン。

 

公園を抜ける途中、ムスメがトイレに入ったその時。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201141j:plain

 

あせって、ボケた…。

メスだけど、目標1つ達成!

 

手賀沼へ出て、白を探す。

 

手賀沼は、ド素人には、あまりにもデカい敵であった…。

結局、白は見つからず。

かろうじて、メスらしき2羽を遠くに確認。

 

うん、目標2つ達成。

 

目の前で、ミサゴがホバリングしていた。

その直後、水面から魚をズザザッ!

 

遠くの杭の上で、食べていました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201549j:plain

 

中古のカメラセットで、ムスメが奮闘。

この写真、オットかなり好きです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205201737j:plain

 

2月5日、ジィちゃんと探鳥、水元公園

 

ついて早々、職員さんに、ウソを教えていただく。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202026j:plain

 

ウソ「ようやく会えましたな。」

オット「時間かかりましたな。」

 

カワセミの里前で、みなさん奮闘中。

15m先の人工止まり木に止まるのを待っているらしいが、

彼らの後ろ5mに止まっていたカワセミを失礼した。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202329j:plain

 

川沿いを歩くと、スズメ。

初めてまともに(ある程度)撮れて、満足。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202452j:plain

 

丘に登ってメシ中のカモたち。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202559j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170205202634j:plain

 

ヒドリガモ「あ、あいつら、正気か…。」

 

アシ原には、シジュウカラ

この止まり方は、かなり好みです。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205202813j:plain

f:id:doshiroutobirder:20170205202846j:plain

 

ツグミ「今日は、出番なしですかな…。」

オット「そんなことないですよ。ささ、早くこちらを向いて。」

 

サンクチュアリを抜けると、美しい光景が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203039j:plain

 

帰り道で出会ったモズ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203151j:plain

 

モズ「何か調子よさそうね~今日は。」

 

カワラヒワを撮ったのは、小学生以来じゃないだろうか。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203310j:plain

 

水辺に戻ると、アオサギコサギの共演。

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203420j:plain

 

ザ・サギーズ「ハイッ、集中、集中~!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170205203643j:plain

 

ツグミ「ハッ、ハイッ!」

 

こんな1日の帰り際、サプライズが!

 

f:id:doshiroutobirder:20170205204001j:plain

 

ミソサザイ「おい、ついでに撮ってけよ。」

オット「ご馳走様です!!」

 

f:id:doshiroutobirder:20170205204118j:plain

 

公園のヌシ「よぉ、ウソどこ行ったよ?」

 

まだまだ、書ききれなかった野鳥テンコモリ。

 

ホンッとに、ご馳走様でした!

 

目標達成ならなかった、紅は来週に持ち越します。

 

 

 

 

早朝探鳥、井の頭公園の野鳥。

毎朝、野鳥と戯れているのですが、

夜パソコンと向き合うころには、

ガッツリ睡魔がやってくる。

 

疲れがとれない年齢になってきました…。

 

昨日は、井の頭公園へ。

 

たまには違うポイントでも、と思い、

何となく、フラッと歩いてみた。

 

数年前まで住んでいた場所のすぐ近く。

あら、こんないいポイントがあったんだ。

 

お出迎えは、シジュウカラ

ガシガシ、ガシガシ、木をほじくっていました。

 

f:id:doshiroutobirder:20170204064554j:plain

 

しばらくシジュウカラを観ていると、

いつの間にか、頭上にアトリ群団が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170204064720j:plain

 

アトリ「フフフ、さっきから観ていたよ。」

オット「そちらは、人間ウォッチングですか。」

 

人がいないとみるや、ワラワラ地上に降りてくる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170204064905j:plain

 

アトリ「あ、まだ一人いた。」

 

ワラワラ、ワラワラ。

 

f:id:doshiroutobirder:20170204065032j:plain

 

ワラワラワラ~!

 

f:id:doshiroutobirder:20170204065121j:plain

 

アトリって綺麗だと思う。

 

 

 

ムスメと探鳥、北本自然観察公園の野鳥。

1月29日(日)、ムスメと探鳥です。

 

ムスメのビギナーズラック頼み。

そのチカラは、健在でした。

 

ついて早々、アトリ・アオジホオジロ・他々囲まれるも、

ジョウビタキが、近づいてくる。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131200331j:plain

 

ジョウビタキ「今日は、ムスメもいるようですね。」

オット「いますわ。便宜頼みますよ。」

 

ウソを見たという21番方面へ向かい、

カラぶった後、自然観察センターへ。

 

剥製だの、写真だの、ムスメが目を輝かせていました。

 

昼ごはん食べて、本格的に探鳥開始。

 

ムスメ「オット!なんかいる!!」

オット「マジか!?あせるなよ。」

 

の、繰り返し。楽しいったらない。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131200847j:plain

 

シロハラ「あ、見つかりましたか。オタクのムスメ、やりますな。」

 

今日の目標は、ベニマシコ。

2~3日前から観測された情報あり。

 

鳴き声は、それらしきモノありましたが、

姿は観られず。残念。

 

もう一つの、ムスメの目標。カケス。

一瞬色めき立ったが、

「え~、ドコドコ、カケス、ドコ~!」

おばさんの大声で、カケスてっしゅー。

ムスメ、うっすら涙。

 

慰めるように、セキレイ

 

f:id:doshiroutobirder:20170131201502j:plain

 

セグロセキレイ「すべて上手くいくとは、限らんのだよ。」

 

オットも、団塊世代の傍若無人は止められません…。

今に始まったことじゃないし…。

 

まだ、持ってる、ウチのムスメ。

ツグミアオジのツーショット。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131201757j:plain

 

人の群れから、あ、傍若無人の群れから離れると、ご褒美が。

 

f:id:doshiroutobirder:20170131202026j:plain

 

モズ「お~、撮っていいよ。」

 

その後、モズとムスメの間に入った団塊がカメラを構えると、

モズはさっさと逃げていきました。

 

モズに、拍手。

 

 

北本学習センターのスタッフ様、ムスメの野鳥ノート、

褒めてくださって、ありがとうございます!

かなり、勉強しているんです!

 

また、ムスメもオットも、大変勉強になる情報いただきまして、

本当にありがとうございます。

 

北本、ド素人にやさしい施設です。大好きです。

邪魔がいなければ…。

 

また来たいなぁ。